Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

千葉真一さん急死、82歳…新型コロナによる肺炎で入院

 俳優の千葉真一さんが19日午後5時26分、新型コロナウイルスによる肺炎のため千葉県・君津市の病院で亡くなった。82歳。同日、千葉さんのマネジメントを手掛ける事務所が発表した。



事務所によると、千葉さんは8月8日より新型コロナによる肺炎が悪化したため入院。酸素吸入を続けている状態だったが、回復に至らず息を引き取ったという。


千葉さんは1939年生まれ、福岡県出身。1968年、TBS系ドラマ『キイハンター』で人気を得る。その他、映画『キル・ビル』、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、フジテレビ系ドラマ『影の軍団』シリーズ、NHK大河ドラマ『風林火山』などに出演。日本を代表するアクションスターとして海外でも人気を獲得し、「サニー千葉」の名で知られた。



ちば・しんいち、本名前田 禎穂、大学を中退して1959年に東映入社。翌60年1月7日、変身ヒーロードラマ「新七色仮面」で二代目・蘭光太郎を主演した。61年からは「警視庁物語 不在証明(ありばい)」「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」などの映画で吹き替えなしのアクションが話題に。


映画では「仁義なき戦い」シリーズなどの話題作に出演する一方で、1978年の主演映画「柳生一族の陰謀」で時代劇にも本格的に挑戦。80年代も「魔界転生」「里見八犬伝」などの映画や、シリーズ化されたドラマ「服部半蔵 影の軍団」などのヒット作を彩った。



俳優業の一方で、「ジャパン・アクション・クラブ(JAC)を創設してアクション俳優を養成。志穂美悦子(65才)や真田広之(60才)らを育てた。


私生活では「キイハンター」で共演した野際陽子さん(2017年死去、享年81)と73年に結婚し、娘の女優・真瀬樹里(46才)をもうけたが、94年に離婚。96年に再婚した28歳年下の一般女性との間に長男・新田真剣佑(24才)と次男・眞栄田郷敦(21才)ががおり、2男はいずれも俳優として活躍している。女性とはその後離婚した。



海外のスターや監督に、影響を受けた日本カルチャーを聞くと、リップサービスで「盛る」ケースも多いのですが、キアヌ・リーブスも、クエンティン・タランティーノも、サニー千葉の話になると少年のように目を輝かせ、身を乗り出して話が止まらなくなります。その様子を見ると、いかにワールドワイドに映画ファンに影響を与えた存在なのか実感できました。現役世代の渡辺謙や、愛弟子の真田広之以上に国際派スターの第一人者としての知名度から、先日のオリンピック開会式でもどこかで顔を見せてくれていたらと個人的には感じます。


『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』での東京ロケで合同取材した際は、スタッフも、われわれジャーナリストも千葉さんに対しては極度の緊張で接したのですが、その緊張を解きほぐすようにリラックスしたムードを自ら作り出し、これこそ「本物のスター」という印象を与えてくれました。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ