Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

“丸川発言”にネット爆発「日本人よりバッハを守る丸川珠代」…「二度と来ないで」と大ブーイングab

 10日に行われた閣議後の記者会見で丸川珠代五輪担当相が発した言葉に、ネット上を激しい非難の言葉が飛び交っている。



丸川大臣は閣議後の記者会見で、東京五輪期間中に新型コロナウイルスの感染者数が増加したことについて「五輪の開催は感染拡大の原因にはなっていないものと考えている」と発言。また、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長が東京五輪閉幕翌日の9日夕方に東京・銀座を散策したことについては「まず14日間しっかりと防疫措置の中で過ごしていただいているかということは重要なポイントだと思います。加えて不要不急であるかということは、これもしっかりご本人が判断すべきものであります」と語った。


橋下氏は「この件は14日の待機期間は過ぎているので、その間に発症がないのであれば国内の活動は自由だと思う」としたうえで、「あとは不要不急かどうかということですけれども、これは丸川大臣は国民に行動抑制を要望している立場なんですから、銀ブラは不要不急だってはっきり言やあいいんですよ」と指摘した



「バッハさんのある意味自由なんだけれども、政府から見ればこれは不要不急だってはっきり言わないと、国民みんなこれ、普通に買い物でブラブラ出かけますよ。こういうところが政府のだらしないところ」と、丸川大臣の姿勢に疑問を投げかけた。


これに、我慢に次ぐ我慢と自粛生活を強いられている国民の怒りが爆発。ツイッターのトレンド上位には「不要不急かは本人が判断すべき」「丸川珠代」「丸川大臣」など関連ワードが次々と上がり、「あ~あ、丸川珠代さんやっちゃいましたな」「日本人よりバッハを守る丸川珠代」「丸川珠代がなんか言うたびに気分が悪くなる」「飲食、飲酒も何もかも自由に振る舞えってメッセージだな」「はい、自粛終了のお知らせ!」「なるほど!仰る通りにします!」「不要不急かは本人が判断すべきだと政府が明確に判断してくれたので日本国民の皆様、夏を満喫しましょう!」「これで遠慮なく上京できる」「この人、お盆の帰省も本人が判断すべきって言ってるってことだよね」「観光も帰省も同じですよね」「俺の判断だと不要不急じゃないから帰省するかな。大臣様のお墨付きだし」「五輪が関係ないなら、お盆の集まりも大丈夫なんじゃない?」「これを政府関係者が言ってしまったらおしまいじゃない?」などと様々な声があがった。



■バッハ会長に「二度と来るな」との声も


コロナ禍での開催に意欲を示し続けてきたバッハ会長も、大会組織委員会と同じように選手ら参加者に「プレーブック」の遵守を呼びかけてきた側だ。


NHKの報道よると、来日前には選手団を派遣する各国・地域のオリンピック委員会などに「世界の目はわれわれに向けられ、全ての行動が注意深く見られている」と訴えていたというバッハ会長。



選手や大会関係者に注意喚起しながらも“自分は特別”といった振る舞いに、「もう来ないで」と拒絶反応を示す声が相次いでいる。


《選手の外出はダメだけど、こいつは何でもアリなんだな。二度と来るな!》

《選手には禁じておきながら……特権意識の強い人》

《人にやるな、と言ってることが平気でできちゃうのが不思議です。もう二度と日本に来ないでほしいです》

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ