Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「飛び立つ片翼の飛行機」「はるな愛がダンスパフォーマンス」…東京パラ開会式を海外メディアは絶賛ai

 東京パラリンピックの開会式が24日、無観客の新国立競技場で約3400人の出場選手が参加して行われた。



テーマは『WE HAVE WINGS (私たちには翼がある)』。公募で参加したタレントのはるな愛さんらのダンスパフォーマンスで始まった開会式は、会場をパラ・エアポート(空港)とした設定の中、様々なプロジェクションマッピングを駆使。公募で選ばれた演技経験のない13歳の和合由依さんが主人公を演じる「片翼の小さな飛行機の物語」という演劇仕立ての進行で、途中、江戸時代の画家「伊藤若冲」の絵で彩られた派手な電飾のデコトラに乗って世界的ギタリストの布袋寅泰さんが登場、盲目のギタリスト、田川ヒロアキさんらとバンドを組み映画「キル・ビル」のテーマ曲などを演奏しネットを沸かせた。ちなみに布袋さんは1996年のアトランタ五輪の開会式でもギター演奏をしている。


デコトラの天井には、義足のファッションモデル、GIMICOさんが乗っていて、演奏に合わせて踊った義足のダンサー、大前光市さんのダンスもキレキレだった。彼らに励まされて「片翼の小さな飛行機」役の和合さんが勇気を持って空を舞うというエンディングに人々は、障がいや新型コロナ禍の困難を乗り越え、この舞台に立ったアスリートたちの姿を重ね合わせた。



最終聖火ランナーには、車いすテニスのリオ五輪銅メダリストで4大大会8度Vを誇る上地結衣、次回のパリ大会を目指す2人の10代パラアスリート、ボッチャの内田峻介、パワーリフティングの森崎可林の3人が聖火台に点火。その際、中村一義さん、クラムボンらの楽曲が使われたことも話題になった。また選手の入場を歓迎するスタッフの帽子が、ドラえもんに出てくる「タケコプター」だったこともネットを沸かせた。


2・5次元舞台などで注目の演出家であるウォーリー木下さんが演出したパラ開会式は、五輪の開会式とは違い一貫性とメッセージ性があり、国内のネットやSNSでの評価は高かった。



国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長の挨拶も「長すぎる」と批判を浴びた国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長のそれとは違い、バッシングはされなかった。では海外メディアはどう報じたのか?


「色彩と祝いに満ちた力強い開会式」


「東京パラリンピック2020年大会は力強い開会式で始まる」との見出しを取って伝えたのは英BBCだ。



記事は「大会は組織委員会が『パラリンピックの勇気に対する認知を高めることを意図した』と明かす『WE HAVE WINGS 』のコンセプトを力強くアピールした色彩と祝いに満ちた開会式で始まった」と説明。


「我々の多くは、約18カ月間、(新型コロナの影響で)空港に行く機会はなかったが、火曜日の国立競技場での開会式は、我々をパラ・エアポートへと運んでくれた。そこで我々は翼を1つしか持たないために飛ぶことができないと言われたLittle One-Winged Plane(片翼の小さな飛行機)に出会った。やがて彼女は苦難から立ち直る周りの姿に感銘を受けて心変わりし、彼女自ら旅立つ自信を得ていく。大会期間中と同様で、開会式をその場で見る観客はいなかったが、色彩と祝いの集まったショーだった」と、新型コロナ禍に苦しむ社会と、苦難を乗り越えようとしている人々を比喩した開会式のコンセプトを絶賛した。



そして「今大会は、これまでと違うものだと感じるだろうが、五輪が数週間前に見せたようにスポーツの力は勝利を得るだろう」との希望を記した。


英のガーディアン紙は「パラリンピック開会式。パンデミック、政治、そして多くの楽しみ」との見出しを取り、「疑念の時期の後…いや違う…今も続く疑念の期間においてパラリンピックがようやく東京で始まり開会式の感触はとても良いものだった」と評価した。


同紙もパラ・エアポートの設定について触れ、「この空港は、人々を力づけるだけでなく、ダイナミックで創造的で、少しばかり激しさもある障がい者たちの将来像を伝統的な夜の光と音のショーの舞台を通して描き出した。素晴らしい場となった」と称賛した。


オーストラリアのABCニュースは「東京パラリンピックの開会式を見過ごした?これが重要な場面、ハイライト録画の見方になる」との見出しで、パラリンピック開会式のハイライトを伝えた。



記事は「片翼の小さな飛行機が飛び立つ」として開会式で披露された演劇仕立てのパフォーマンスについて紹介。


「13歳のヒロインによって片翼の飛行機の役割が演じられ、踊りと音楽を通してストーリーが伝えられた。踊り、バイオリンの音楽や、ロックンロールを含め、たっぷりと詰め込まれたストーリーは、瞬く間に感動を生んだ」と記し、「このストーリーのクライマックスは片翼の飛行機が飛び立った時にやってきて、これから始まる大会へ向けた感動の象徴となっている」と絶賛した。また記事は「(映画)キル・ビルのギタリスト、布袋寅泰が出演」として、布袋さんについても触れ、「演奏はエネルギーに溢れ、演劇のクライマックスの舞台を作り上げた。閃光、刺激的なギター、そしてロックミュージック。この演劇のほかの場面とは正反対でとてもうまくいった」と評価した。



また「#WeThe15」のキャンペーンについても紹介し、「この15は世界人口の15%にあたる12億人の障がい者を表している。キャンペーンは開会式で立ち上げられ、障がい者が直面している障壁について認知を高める狙いがある」と伝えた。


また最終聖火ランナーが3人によるリレーだったことについても注目。


「パラリンピックの3つの聖火が聖火台に点灯されるためにスタジアムへと入ってきた。1つの聖火ではなく、3つの聖火で行うことは共生社会のコミュニティーをより意味するものとなった。水素を燃料とした聖火台はパラリンピックの利用としては初めてのもので、この夜の最後のイメージが照らされた」と続けた。



米CNNは、「最高の人々。パラリンピックが力強い開会式で正式に始まる」との見出しを取り、「東京パラリンピックが力強い開会式とともに始まり、IPCのパーソンズ会長は、アスリートたちに『最高の人々』であると語りかけた。1年延期されていた今大会は新型コロナの感染者が急増している中で行われるが、その前例のない状況で競技が正式に始まるにあたり、スタジアムの中の人々は祝賀ムードにあった」と伝えた。


また「東京はパラリンピックを2度開催する初めての都市となり、組織委員会は1カ月足らず前に行われた五輪大会に続いてまた成功を収められるよう願っている」と紹介。「開会式はボランティアや踊り手たちが国立競技場に入って来る選手団を迎え入れ、特徴的で生き生きとした雰囲気だった」と評価した。


直前に開会式の演出にかかわる関係者の辞任や解任などのスキャンダルが相次ぎ、内容もバラバラだった五輪の開会式は、海外メディアにも酷評されていたが、パラ開会式は国内のネット評価と同じく海外の声も総じてポジティブだった。大会は今日25日から12日間にわたって行われる。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ