Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

河村たかし市長、金メダル交換費用は「個人でね、当然負担させて頂きます」…「市長を代えてくれ」名古屋市民の怒り収まらずba

 名古屋市の河村たかし市長が12日、会見を開き、東京五輪ソフトボール日本代表メンバーで名古屋市出身の後藤希友投手の金メダルを突然かんだ問題で、金メダルの交換について「出来る限り後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたい」と意向を話した。交換にかかる費用は「個人で負担させて頂きます」とした。



河村市長は会見冒頭で「基本的に行き過ぎた発言がありまして、ご不快な思いをさせまして大変申し訳ありませんでしたと、深く反省をしております」と後藤選手に謝罪。


「私の発言の次の日に山下JOC会長の指導を頂きまして後藤選手本人、ソフトボール協会に謝罪文を出してまして、謝罪文は届いているということであります。現在は山下さんからの指導を待っているということでありまして」と明かし、今後のメダルの交換などの対応について「とにかく出来る限りというか、後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたいとお願いをしている所であります」と話した。



関係者によると、IOCの最高位のスポンサーであるトヨタ自動車側が事態を重く見て、IOC側にメダルの交換を要請。IOCと大会組織委員会は、予備の金メダルに交換できるよう手配を進めていたという。


大会関係者は「日本代表の仲間と一緒に勝ち取り、仲間の手で首にかけてもらった金メダル。ただ交換すればいいという問題ではない。河村市長の責任は重い」と話す。



交換にかかる費用には「私も河村たかし個人で負担というか、どういう言い方がいいのか、出させて頂きたいのですが、と。ちょっと“てにをは”はちょっとあれですけど」とし、現在の状況について「山下さん本人に言いましたが、そこのことは決まっていないので、ご本人のお話ですが。山下会長も後藤選手の意向に沿った形でということを言っていましたけど。あとは山下会長にお任せをしておると、ご指導を待っておると、そういう風に言ってくださいということでした」と語った。


質疑応答で費用に関して聞かれると「はっきり決まっていないと。それは山下会長に対応をお任せしておると。それは個人でね、当然負担させて頂きます」と改めて個人で支払う意向を明かした。



メダルが交換されたからと言って、禊を済ませたわけではない。SNS、ネット上では河村市長に対して辞任を求めるコメントが目立つ。


「交換することは良かったと思うが、あの時授与されたメダルとは別の物になってしまって、後藤選手が本当に可哀想だと思う。河村市長は交換費用を支払えば無罪放免では無く、自分は市長なれるような人間ではないと自覚し、早く辞任して欲しい」


「名古屋市民ですけど、こんな市長が選ばれていることが恥ずかしい。メダル交換とか前代未聞ですよ。河村さんは今回に限らず、デリカシーがない言動や行動が多すぎる。メダルだけではなく、市長を代えてください」



また、脳科学者の茂木健一郎氏も11日に自身のツイッターを更新。「河村たかし市長が“噛んだ”金メダル交換へ」というタイトルの日本テレビ系のニュースを添付し、「金メダルというか、別の何か、というか誰かを交換した方がいいような気もします。。。」と皮肉を込めてツイートした。


今回の騒動に巻き込まれた後藤が気の毒でならない。河村市長は信頼が失墜した現状を重く受けとめるべきだろう。



河村市長が金メダルを噛んだ問題で、名古屋市役所には連日、苦情が殺到。8500件を超える苦情(11日現在)が寄せられているという。また、河村市長は15日に市内で開かれるパラリンピック関連のイベントに出席しあいさつする予定だったが、混乱を招きかねないとして、出席を見送ることにしたという。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ