Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

メンタリストDaiGoは「命は平等っていうけど優劣はある」…松丸亮吾は兄の発言を謝罪

 生活保護受給者や路上生活者(ホームレス)に対する発言が差別的として問題となっているメンタリストDaiGoが12日深夜、自身の公式YouTubeチャンネルで生配信を行い、批判について言及した。



DaiGoは、差別発言と炎上している配信が、「超辛口」と題して行ったことを弁明しながら「本当にそういうやつのことを殺せっていっているわけじゃなくて、人間っていっちゃ悪いんだけど、1人1人からみたらどうでも良い人間っていますよねっていう」と独自の理論を展開し、謝罪しない構えをみせた。


さらに「自分の家族とホームレスと、どっちかの命しか救えませんってなったら、自分の家族の救うじゃないですか。命は平等っていうけど、優劣は全然ある」と論理のすり替えとも言える例を持ち出して自身を正当化した。



自身は多くの税金を払っているため、生活保護受給者や路上生活者(ホームレス)を救済していると話し、「ぼくら1人1人から見たら、意味がない人間っていますよね。僕からしたら、猫が好きだし、猫の方が人生にとって重要度が高いので、生活保護の人たちとか、ホームレスの人たちに、保護するお金とかを出すんだったら、社会的にそうするべきっていっているわけではないですよ、個人としては、猫の方に税金使って欲しいって思っちゃうけどっていう話をしたってことですよ」と主張した。




謎解きクリエイターとして活躍するタレントの松丸亮吾が12日、自身のツイッターを更新し、兄でメンタリスト・DaiGoのユーチューブでの発言について謝罪した。



松丸はこれを受け「今まで兄が炎上しても『また炎上してんな~~』くらいにしか思ってなかったし触れないようにしてたけど、人の命を軽く見る発言だけはさすがにダメです。それだけは絶対に許されない」とツイートし、「今度会ったら絶対に論破するまで怒り続けます。今回ばかりは兄がおかしい。ごめんね」と謝罪した。


DaiGoの発言はツイッター上でも大きな注目を集め、「DaiGo」「ホームレス」「優生思想」「生活保護」「人間と猫の命」といった関連ワードがトレンドに入った。「恐ろしく危険な優生思想」「優生思想に基づく生活保護利用者やホームレスへの排斥は言語道断すぎる、許されない」といった声が寄せられている。



DaiGoは、8月7日に公開した視聴者からの質問に激辛で答えた動画で、生活保護受給者に触れ「自分にとって必要が無い命は僕にとって軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい」などと発言した。後日の動画で「あくまで激辛エンターテイメントなんで真に受けないでください」と発言をしていたが、ネット上では命の重さに対する差別発言、と厳しい意見が上がっていた。


「ぼくは生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めている訳ではないからね。生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救って欲しいとぼくは思うんで。生活保護の生きていてもぼく得しないけどさ、猫はさ、生きていたら僕、得なんで」



「自分にとって必要がない命はぼくにとっては軽いので。ホームレスの命はどうでもいい。みんな思わない? どちらかといえば、いない方が良くない? ホームレスって」


「邪魔だしさ、プラスにならないしさ、くさいしさ。ね。治安悪くなるしいない方が良いじゃん。猫はかわいいじゃんって思うけどね、ぼくはね」などと発言を繰り返して物議を醸していた。



個人のYouTubeチャンネルで「エンターテイメントだから」「辛口だから」といういいわけが通用したら、本当に何でもありになってしまいます。最近では小中高生へのユーチューバーの影響は常態化しつつあります。言葉遣いや、何が面白いのか、何をやって良いのかという規準の一つになっています。もちろん、個人だから自由だという見方もありますが、主要な情報源になっている以上、同時にしっかり批判されることも合わせて見える状態であることが求められます。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ