Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

フジロック完走のKing Gnu・常田大希、フジロック素行不良の来場者に苦言「言語道断」…「怒りの矛先を間違えるなよ」

 ロックバンドKing Gnuの常田大希が、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催された野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL’21」に出演した理由などについて説明するとともに、ルール違反した一部の来場者に苦言を呈した。



今回のフジロックは新型コロナウイルスの感染が急拡大する中での開催が賛否を呼んだが、観客数を大幅に減らし、飲酒禁止の対策を講じるなど厳戒態勢で開催された。常田は22日にインスタグラムで、「色んな人生,職種があって多種多様な”誠実”がある中で,法律や行政命令が俺達民衆の最大公約数な訳で(健全な民主主義前提),皆んなその中で必死にそれぞれの業界を守るため働いている.怒りの矛先を間違えるなよ?」と主催者や出演者らに向けられる一部の批判に釘をさした。


23日にはツイッターに長文をアップし、「音楽業界はコロナ発生から長期に渡る自粛でたくさんの場所が潰れたり大勢のスタッフが仕事を失ってるこの一年半、長期に渡り行政の指導を徹底的に受け入れ向き合ってきました。そして今回行政からの要請の範囲内に規模縮小&感染対策をしてフジが開催する以上、そこに恩がある立場としての判断があったということです」と、出演を決断した理由を説明した。



それでも出演にあたって「身内に医療従事者も勿論いますしどうしよもない葛藤は無い訳はないし、世話になってきた音楽関係者を見殺しに出来るわけもない」と葛藤があったことを明かし、「そしてフジロック内での規約違反の素行不良を犯した一部の輩は言語道断」とした。


コメント欄にはフォロワーから「悪いのはコロナだけ」「king gnuの存在が希望だよ」「怒りの矛先間違えちゃう人多くて辛い世の中」「正解なんて無いですよね…怒りの矛先を間違えて対立、分断が起きませんように」「アーティストの方々に、矛先が来てるのでしょうか。それなら、完全に、間違っています」などの声が寄せられている。



そういう一部の輩の存在が懸念されていたから中止論がでていたんだよ。品行方正に音楽を聴きに来る人達だけじゃない。恩があるので出演したのは美談で良いのだがね。大規模フェス開催して危険度の高い東京からの人流を地方に向けるのは得策じゃないよ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ