Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ニューヨーク・タイムズが「なぜ日本人は銀メダルでも謝罪するのか」nb

 無事に終わったかにみえる東京五輪だが、日本で取材をしていたニューヨーク・タイムズがある疑問を投げかけている。「金メダルを獲得できなかった日本人選手が謝罪をしている。銀メダルを獲得した選手ですら謝っているのはなぜか」というものだ。



文田健一郎は涙に声をつまらせた。


「こんな状況で大会を運営してくれたボランティア、関係者の方に勝って恩返しをしたかった」


レスリング男子グレコローマンスタイルの選手、文田はオリンピックの決勝戦を終えたあと、涙ながらに語った。


「不甲斐ない結果に終わってしまって本当に申し訳ないです」



頭を激しく上下させながら彼は言った。文田は銀メダルを獲ったばかりだった。


東京オリンピックでおなじみになり、そしてしばしば胸を痛ませたのが、多くの日本人が競技後のインタビューで涙を流し、金メダルを獲れなかったことを謝罪するという光景だ。文田のようにメダルを獲った選手でも自分のチームとサポーター、そして国を失望させたことを悔やんだ。


柔道の混合団体で日本がフランスに敗れ、銀メダルを獲得した後にも向翔一郎が謝罪した。


「もう少し我慢しなきゃいけなかったのかな。みんなに申し訳ない気持ちです」。そう向は言った。



世界で2番になったのに謝罪するというのは、成功の基準が驚くほど厳しいことを示している。だが自国で戦っている選手たちは、後悔の気持ちを表すことで無念、感謝、責任、謙遜が複雑に混ざり合った感情を表現することができるのだ。


「銀メダルしか獲れなかったことを謝罪しなければ批判されるでしょう」。スポーツを専門とする弁護士で日本の選手組合を代表する山崎卓也は言う。


日本のアスリートは若い頃から「自分のために競技をしていると考えてはならないと教えられる」と山崎は言う。「特に子供時代には大人や先生、親、その他年長の人間の期待があります。ですから、これは根深い考え方なのです」



アスリートにかけられる期待はコロナウイルスのパンデミックによって大きくなった。パンデミックのせいでオリンピックは大会が始まる前から日本人にとって非常に不人気となっていた。日本で感染者数が増えていることに対する不安が大きくなるなかで、大会を開催したことを正当化するためにも、メダルを獲得しなければならないというプレッシャーをより強く感じている選手も多かっただろう。メダルを獲得できなかったアスリートは後悔をあらわにした。


「自分にあきれた感じがしました」。スポーツクライミング選手の原田海は決勝進出を逃した後のインタビューのなかで激しく目をぬぐいながら言った。


鉄棒で6位に終わった体操選手の北園丈琉はサポーターについて話すとき、涙をこらえた。



「演技で恩返ししたかったけど、それができなかった」と彼は言った。


テニス女子シングルスの3回戦で敗退した後に発表したコメントのなかで、大坂なおみは日本代表として戦えたことを誇りに思うと述べる一方で、「皆様の期待に応えることができずにごめんなさい」と付け加えている。


もちろん、金メダルを獲れずに深い失望を表すのは日本のオリンピアンだけではない。中国の廖秋雲は女子ウエイトリフティングで銀メダルを獲った後、人目もはばからず泣いた。アメリカの女子サッカーチームが準決勝でカナダに敗れた後、メンバーの一人カーリー・ロイドはフィールドにしゃがみ込み両手で顔を覆った。



しかし、試合後のインタビューで彼女は謝罪をしなかった。


「ただただ残念です」とロイドは言った。「私たちは本当にたくさんのことを諦めていますし、勝ちたいと思うのは当然です」


シモーネ・バイルズは体操の女子団体と個人総合を棄権したとき、自分自身のメンタルヘルスを守りたかったと説明した。


謝罪をしたいという衝動は、ひとつには日本の一部のスポーツに見られる厳しい指導スタイルからくるものだと、立教大学でスポーツマネジメントならびにスポーツウェルネスを専門とするカトリン・ユミコ・ライトナー准教授は言う。彼女が柔道の練習をしに初めて来日したとき、コーチの攻撃的な言葉遣いに衝撃を受けたと言う。



「そんなやり方でしかオリンピックチャンピオンになれないなら、オリンピックチャンピオンにはなりたくないと思いました。彼らはアスリートを人として扱っていませんでした」


日本のアスリートのなかには謙虚さを欠いているとして大衆の批判にさらされてきた者がいる。1992年のバルセロナ五輪で銀メダル、1996年のアトランタ五輪で銅メダルを獲得したマラソン選手の有森裕子は、アトランタ五輪で「自分で自分をほめたい」と言った後、日本のニュースメディアの一部からナルシストとの批判を受けた。


有森はなぜアスリートが謝罪をしつづけるのかを知っている。感謝の気持ちを伝えることができるからだ。


しかし「サポーターはアスリートが充分に努力をしてきたことを知っていると思います」と有森は言う。「だから謝罪をする必要などないのです」

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ