Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「帰省原則中止」に国民の怒り爆発 …知事会の提言にSNS猛反発

 全国知事会が1日に都道府県境をまたぐ旅行・帰省を「原則中止・延期」と呼び掛けたことに、一夜明けた2日もSNS上では不満の声が絶えない。「大運動会で盛り上がってるくせに」「何の為に高齢者のワクチン接種を」と国民の怒りがネット上に噴出。反発の声が表面化している。



全国知事会は1日に公表した取りまとめで、お盆など夏休みシーズンを迎えるが、都道府県境をまたぐ不要不急の旅行・帰省について、「行かない」「呼ばない」「延期」「原則中止を」などと呼び掛けた。


1日にもSNS上では反発の声が挙がったが、一夜明けた2日午前中にも不服や不満を訴える声が相次ぎ、ツイッター上では「帰省原則中止」がトレンド入り。


「こんなに説得力のないメッセージがあるか」、「これ、去年の夏も年末年始も同じこと言ってなかったっけ?」と困惑の声が上がった。



「あなた達は何の為に高齢者のワクチン接種を一生懸命やったのか」「いつまでも大人しく従うと思うな」「大運動会で盛り上がってくるくせに何言ってんだか、、冗談は顔だけにしておけ」など強い口調で、整合性がとれない対策や指示を批判する声がネット上に相次いだ。


東京五輪についての意見も散見され「オリンピック開催しといてなにが県の往来帰省原則中止だよ こっちは半年以上家族にも地元の友達とも会えてない 心が死ぬよ」「五輪とか聖火リレーとか好き勝手やって放置してきた国が一番悪い」「『五輪をやってるのに帰省はダメ』というのは、国民の反感を買うだけ」といった声も見られた。



国民には行動制限を呼びかける中、東京五輪は無観客ながら開催中。日本勢の連日の活躍で盛り上がりを見せているものの、その熱狂ぶりと行動制限は“別腹”という考えが多くを占めている様子だ。ツイッターには「国境をまたぐ運動会は原則中止を」と、世界中から選手が集まる五輪を揶揄する声も。トラックで家ごと移動させている画像を添えながら、「ステイホームしながら外出するにはやっぱりこれしかないよなぁ………」と“最後の手段”を示唆する大喜利めいたツイートもあった。


さらに移動制限がすべての人に適用されるという前提で、「オリンピック選手、競技後、帰れないことに」、「都道府県境またぐ旅行・帰省は原則中止になったら、オリンピックの警備のために集まった全国のお巡りさんが帰れなくなって地方の治安が悪化しちゃう!」といった声も寄せられた。




年に1〜2回くらいしか無い帰省移動を封じたところで影響は少ないのでは?よほど通勤の方が深刻なはず。


もはや陽性反応の数に一喜一憂するフェーズは終わりました。そもそも陽性反応=感染者、ではない。


これまでマスコミは陽性反応が増えれば「若者が危機感を持たない」と現役世代をひたすらスケープゴートし続けてきました。一部に高齢者同様に不届き者はいますが、現役世代は適度に感染対策し、生活のために社会のためにただ働いているだけ。陽性反応が若者に多いのも、ワクチン後回しにされても働く必要があるからです。誰からの税収でワクチン打てたのか考えれば、感謝こそすれ文句言われる筋合いは全く無い。

 


人流抑制よりも、民間医療機関を活用した体制拡充が先です。いつになったら医師会は協力するのですか?


それがもはやできないならインフル同格の扱いへ変更すべき。


誰も守らないだろう。オリンピックは良くて旅行がダメなんて理屈を国民は絶対に受け入れないから。お盆休み明けには地方で感染が爆発するでしょうね。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ