Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

東京五輪の段ボールベッド使った韓国選手「起きたら肩が凝っていた」…一度水をかけたのだが、それが染みて少し当惑したsr

 2020東京オリンピック(五輪)期間中、選手村の段ボールベッドを使った韓国代表選手がその使用感について伝えた。



20日、ファッションマガジン「VOGUE KOREA」は公式YouTubeを通じて5人の国家代表に対して行ったインタビュー映像を公開した。卓球のシン・ユビン、競泳のチョ・ソンジェ、テコンドーのチャン・ジュン、バドミントンのアン・セヨン、バスケットボールのパク・ジヒョンがインタビューに応じた。


選手5人は「段ボールベッドの実際の使用感は?」という共通の質問を受けた。



シン・ユビンは「最初、私はベッドが箱で包装されているのかと思った。包装紙を剥がしていなかったのだと。でもそれがベッドだった」とし「寝て翌日起きたら肩が凝っていた」と話した。続けて「なので、なにか違うなと思った」とした。


アン・セヨンは「これが本当に段ボールなかと思ったら水で湿った。一度水をかけたのだが、それが染みて少し当惑した」とした。


またアン・セヨンは「横になったが思ったより快適だった」と話した。チョ・ソンジェとチャン・ジュンも大きな不便はなかったと話した。ただしアン・セヨンは「私のルームメートは背が高いのでちょっと不便だと言っていた。マットレスもクッション性があまりなかった」と指摘した。



東京五輪組織委員会は環境を優先するという趣旨で段ボールベッドを製作して選手村に配置した。この段ボールベッドを巡り、開幕前から選手のSNSには体験談が相次いで投稿された。


主宰側はベッドが200キロまで耐えることができると主張したが、座った直後にベッドの中央が凹む映像や直接マットレスを解体する映像なども登場した。大部分は耐久性が低く、不便だという不満だった。主宰側はリサイクルを考えたエコ製品を使ったと説明したが、「性関係禁止用」(米ニューヨーク・タイムズ)という表現まで出てきたりもした。





一方、水球日本代表が選手村段ボールベッド「家より寝心地よかった」 



東京五輪・男子水球の日本代表、荒井陸が自身のTikTokを更新。選手村で話題となった段ボールベッドの映像を公開し、「僕は家より寝心地よかった!」と発信した。


「段ボールベッドはダメという報道が出てますが…」と記して1本の動画をアップ。「噂の段ボールベッド」を紹介している。



「この掛け布団は…貰えます 夏仕様で薄くて涼しい デザインもシンプル」と言及。さらに「ベッドの下はこんな感じ」と撮影し、「段ボールなのに耐久性がめちゃ良い 僕は家より寝心地よかった! ありがとう段ボール!!」と明かしていた。


また「軽いので移動もしやすくて模様替えするのには、楽だから良いと思うのになぁ…」とつづっている。


ファンから「掛け布団、青色がキレイ」「寝てみたい」「普通に便利そう」「優秀すぎる!欲しい」などの声が上がっていた。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ