Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

菅首相の平和記念式典であいさつ読み飛ばしの大失態!「意味を考えて原稿を読んでいない」su

 菅義偉首相が初めて広島の平和記念式典であいさつに立った。しかし「核兵器のない核世界の実現に向けて力を尽くす」という肝心の部分を読み飛ばすトラブルがあった。問題はそれだけではない。



人類史上初めての惨劇となった原爆投下から76年となった広島市。8月6日の平和記念式典で、菅義偉氏が首相として初めてあいさつに立った。


しかし、あいさつの冒頭で「広島市」を「ひろまし」と、「原爆」を「げんばつ(もしくはげんぱつ)」と言葉を噛んだうえ、途中であいさつ文を読み飛ばしたと見られる、意味の通らない部分が生まれた。



NHKが行った式典の生中継では、あいさつの冒頭から内容文のテロップが表示されていたが、読み飛ばしたとみられる部分から一時、テロップの表示が止まった。


NHKは首相官邸から事前にあいさつ文の提供を受けていたものの、首相の発言内容が大きく異なってしまったため一時、表示を停止したとみられる。


読み飛ばしたが起きたのは、あいさつの以下の部分だ。途中で意味が通らなくなる。



広島および長崎への原爆投下から75年を迎えた昨年、私の総理就任から間もなく開催された国連総会の場で、「ヒロシマ、ナガサキが繰り返されてはならない。この決意を胸に、日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない(以下原文ママ)核軍縮の進め方を巡っては、各国の立場に隔たりがあります。このような状況の下で核軍縮を進めていくためには、さまざまな場の国々の間を橋渡ししながら、現実的な取り組みを粘り強く進めていく必要があります。


一方、NHKの生中継テロップでは


「ヒロシマ、ナガサキが繰り返されてはならない。この決意を胸に、日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くします」と世界に発信しました。



と表示され、発言内容との間にずれがあった。テロップの内容が本来のあいさつ文で、少なくとも「核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くします」という部分を読み飛ばしてしまったとみられる。


中国新聞によると、首相は式典後の記者会見で「先ほどの式典のあいさつの際に、一部、読み飛ばしてしまい、この場を借りてお詫び申し上げる」と陳謝した。


この大失態には各方面から怒りの声が届いている。元新潟県知事の米山隆一氏は自身のツイッターを更新。「菅総理、広島の平和記念式典で『日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない、核軍縮の進め方を巡っては各国の立場に隔たりがあります」とご挨拶です』」と紹介。「記者の質問に答えないだけではなく、もはや自らの挨拶の中でさえ辻褄が合いません。もう限界でしょう」と切り捨てた。



また、MBSの西靖アナウンサーもツイッターに投稿。「我が国の首相は、意味を考えて原稿を読んでいない。だからわけの分からない読み飛ばしをしても自分で気づかない」と酷評した。


黒い雨訴訟と核禁条約とNPTの矛盾


菅首相は7月、広島市郊外で76年前、放射性物質を含んだ「黒い雨」を浴びた人々が被爆者認定を求めた起こした訴訟で、被爆者認定を求める高裁判決に上告しない政治決断を下した。これはあいさつ文でも自ら触れており、被爆者と寄り添う姿勢を見せた。


一方、すべての核兵器の開発や実験、使用などを禁じる初の国際条約「核兵器禁止条約」が2021年1月に発効したことと、世界唯一の戦争被爆国である日本が、アメリカの「核の傘」の下にいることなどを理由に、この条約に参加しなかったことについては触れなかった。



広島・長崎両市長や各被爆者団体は、日本が率先して核兵器禁止条約に加わることを強く求めている。


菅首相はまた、核不拡散条約(NPT)体制を重視する姿勢を見せた。一方で、そのNPTに加わらず核実験を行った核兵器保有国インドに対し、日本が原子力協定を結んで原子力開発で協力する姿勢を続けている矛盾には触れなかった。


インドはNPTに加わらないだけでなく、原子力潜水艦と弾道ミサイルも保有し、独自の核兵器戦略を維持。いずれも核兵器を持つ隣国パキスタンや中国と対立している。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ