Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

パラ選手村で自動運転バスが視覚障害選手に接触…トヨタ社長が自社サイトで謝罪to

 東京・築地の東京パラリンピック選手村で26日、柔道男子81キロ級の北薗新光(30歳)が、選手村内を巡回する自動運転のバスと接触、転倒した際に頭と両足を負傷した。全治は2週間。北薗は28日に試合を控えている。



報道によると、選手村の横断歩道を渡っていた北薗が右折してきたバスと接触した。バスは自動運転だが、ドア開閉のためにオペレーターが2人乗車。バスは信号のない横断歩道の手前で交通誘導の警備員を感知し停止したが、オペレーターが発信ボタンを押した直後だったという。


SNSでは「パラ選手村」「自動運転」などがトレンド入り。「『人がいることは気づいていたが、横断をやめるだろうと思った』自動運転以前の問題ですね」「自動運転車両で人的ミス原因の事故とか、悪い冗談にも程がある」「車は歩行者がいたら止まる。だろう運転はだめだって、習ったろ?」などの厳しい声が相次いだ。



また「選手がお気の毒としか言いようがない。5年間待って、2日前にこの仕打ちって」「明日の試合、出られますように」と北薗を気遣うコメントも寄せられていた。


バスを提供したトヨタ自動車の豊田章男社長は27日夕、オンラインで緊急に記者会見し「こういう接触事故により多くの方々にご心配をおかけし、大変申し訳ない」と謝罪した。


豊田氏は、今回のバスが採用している自動運転技術について「パラリンピックの会場で目が見えない方への想像力が欠けていた。接触部は死角で、事故は避けられなかった」との認識を示した。事故を受け、車両の接近を知らせる電子音の音量を2倍にするなどの対策も明らかにしたが、捜査などとの関係で大会期間中の自動運転の再開は見通しが立っていない。



失敗は失敗と認め、謝罪はするべきだろう。とことん原因を追究し、2度と同じミスを起こさないようにする。だが、ここで自動運転に対する実験をすべて否定するのは絶対に間違いだ。技術に完全はなく、特に先進技術はそう。どれだけ宇宙開発で人の命が失われたのか。100%、120%の安全を求めると(日本はなにかと求めがち)なにもできなくなり、その国はいろんな面で立ち遅れてしまう。コロナに関してワクチン開発が遅れたのも、そういう一面もあるはず。例えばイギリスのような集団免疫実験はやりづらく、事実上できない。批判が多いからである。今回は失敗を真摯に受け止め、反省する必要があるが、まさに耐え時。今後、自動運転や電動化が進む上で間違いなく、このような事が再び起こりうる。全体として進化しているのか、世界はなにを求めて動いているのかを、国民全体が把握し、理解する必要がある。リーダーシップが必要なのはまさにこういう時だ。



バスは「横断歩道の手前で交通誘導の警備員を感知し停止したが、オペレーターが発進ボタンを押した直後」との事なので、発進ボタン押す際に「歩行者が止まるだろう」前提で発進ボタン押したオペレーターの判断ミス。


渡りそうな歩行者が居るの分かってるなら歩行者が渡るの待ってから発進だよ。クローズ区域でも公道でも同様だと思う。たぶん、このオペレーターは普段から公道で車優先の運転してるんだろうと思う。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ