Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

河村市長の金メダルを汚す行為…トヨタ、「あるまじき行為」と抗議ty

 「理解できない」「俺だったら泣く」。名古屋市の河村たかし市長が、ソフトボールの後藤希友(みう)選手の金メダルをかじった問題で、アスリートたちから次々と非難の声が上がっている。



名古屋市出身の後藤選手は4日、河村たかし市長を訪問して金メダル獲得を報告。河村市長が後藤選手からメダルをかけてもらった際に突然かじり、周囲をあわてさせた。SNS上に「非常識だ」などの批判コメントが多数書き込まれたほか、市役所にも「感染対策を訴えているのにいかがなものか」「選手に失礼だ」などの苦情が数多く寄せられたという。


柔道60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手はツイッターに「動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし。自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに、怒らない後藤選手の心の広さ凄(すご)すぎ。俺だったら泣く」と投稿。フェンシング元日本代表の太田雄貴さんは「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からもセレモニーさえも自分自身やチームメイトでメダルをかけたりしたのに、『噛(か)む』とは。ごめんなさい僕には理解できません」と非難した。



ロンドン五輪のバドミントンで銀メダルを獲得した藤井瑞希さんは「私もある…涙でかけた」と、自身も他人にメダルをかじられたことを明かした。河村市長ではない人にかじられたとしたうえで、「口いっぱいにメダル入れられた、、たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうなった」と当時の衝撃を振り返りつつ、「その瞬間はショックだったけどしっかり消毒して、たくさんの人に触ってもらってたくさんの笑顔が見れたので、忘れてました。今後このようなことがありませんように」と、「#選手にリスペクトを」のハッシュタグで呼びかけた。競泳元日本代表の伊藤華英さんは「メダルってその選手の生き様ですよ。触ることすら、躊躇いますよ」と、オリンピック選手にとってのメダルの重みを挙げた。


河村市長は「かじる行為は最大の愛情表現だった。金メダル獲得はあこがれだった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出したが、元プロサッカー選手の武岡優斗さんは「愛情表現とは?????見苦しい言い訳過ぎて…迷惑どうのこうの問題じゃない」と批判した。



SNSは河村市長を非難する声の中に、「メダルを交換してあげられないのか」との投稿もあったが、「責めたところで綺麗なメダルが戻ってこないし、交換したところで表彰台でかけたメダルは世界に一個しかない」「交換すれば良いでは済(す)まない物だから余計に腹立たしい」と、取り返しのつかない状況を嘆く声も上がっている。


SNS上には「新型コロナウイルス感染拡大下で意識が低い」「無神経」などと批判が殺到。


トヨタ本社に入れず「車の中でお詫び」市幹部が謝罪文届け



「軽率にもご本人様の長年の努力の結晶であります金メダルを汚す行為に及びました」「名古屋市長としての立場をわきまえない、きわめて不適切な行為であったと猛省すべきと痛感」と謝罪した。


手元のペーパーを読み上げたが、頻繁に詰まり、噛みまくっていた。


また「先ほど、ご本人様、トヨタ自動車様に対し、私の心からの謝罪文を提出し、皆様の努力とその結晶であるメダルの重さに最大限の敬意を払うことを、かたくお約束させていただいた」と説明した。


トヨタを訪問したのは誰かとの質問には、副市長、スポーツ市民局長、秘書室長だったと説明。


「僕はちょっと離れて。行きましたけど、どういうのか、車の中からお詫びしときました」と語った。



「中に入るというのはちょっとね」と言い、先方から断られたのかと質問されると「お断りというか、あんまりそういう言い方はしたくないですけど、書類を届けてくると、置いてくるということでございますので、気持ちだけお届けに行ったと」と語った。


河村市長の謝罪はCBC(名古屋市)制作の「ゴゴスマ」(TBS系)が番組内で生中継するなど大問題となっている。


これまでわが国ではこうした事態が発生した際、企業はあまり声を上げずに、政治家との関係を重視し、ウヤムヤにしてきたことが多かったと思います。今回のトヨタは、こういったこれまでの日本の悪しき伝統とは異なり、はっきりと、かつ怒りを感じるコメントを出したのは時代の変化を感じます。所属企業が従業員を守る姿勢を示すことはとても良いことですし、消費者からの理解も得られると思います。これからの企業経営・広報が変わっていくことを予感させるニュースです。



メダルは選手が人生をかけて目指し、その証として手に入れられる象徴だ。たくさんの方が手に取って、メダルをかけたり触れたりすることはあるとは思う。


選手の立場からすると無下に断ることはできないのも事実だ。しかし、今回の河村氏の行動には驚いた。感染拡大が広がり、コロナのリスクもあるなかで、メダルを噛むとは衛生面を含めても理解できない。


人生をかけて戦っている選手の立場に立って行動することはできなかったのだろうか。


「器物損壊罪」(刑法第261条)は、物としての本来の効能を失わしめる行為です。過去の判例からして、正面からこの条文を適用することはできないでしょうが(もちろん刑法なので類推適用も許されませんが)、メダリストの立場から言って、金メダルというものの価値・重要度・人生を賭すものであることからして、このコロナ禍で河村市長が囓った金メダルは、物としての本来の効能を失わしめたと言っても良いのではないでしょうか!?

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ