Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

豪選手団が泥酔しマスク拒否...帰国便で大騒ぎuc

 オーストラリアの東京五輪代表選手らが、帰りの日本航空(JAL)機内で泥酔してマスクを拒否するなどの騒ぎを起こした。



日本国内では過去に、マスクを拒否した乗客を降機させるなどしたケースがある。JALは、機内の関係者に行動抑制を促し運航に支障はなかったとしたうえで、今後トラブルが起きれば、日本の航空法違反とみなし豪連邦警察に引き渡す可能性もあるとしている。


■「強制降機を命じてもよいのでは」との声も


豪オーストラリアン紙のウェブ版記事などによると、騒ぎを起こしたのは、サッカーと7人制ラグビーの男子代表選手ら。選手らが搭乗した日本航空の飛行機は、2021年7月29日に羽田空港を出発し、約10時間のフライトを経て、翌30日朝に豪シドニーに到着した。



選手らは機内で、お酒を飲んで歌を歌い始め、客室乗務員がマスク着用や着席を求めても拒否した。しかも、機内に保管してあった酒類を勝手に持ち出し、乗務員らが止めても応じなかったという。また、トイレで嘔吐して床などを汚し、トイレが使えなくなったケースもあった。


機内には、一般客も搭乗しており、選手らの行為は迷惑だったとメディアの取材に話したという。


これに対し、JALは、豪オリンピック委員会(AOC)に書面で異例の抗議を行った。AOCは、サッカーとラグビーの競技団体に抗議内容を伝え、両団体が事実関係などの調査を始め、「適切な措置を取る」とコメントしたと報じられている。



マスクを拒否してトラブルになったケースとしては、釧路空港発関西空港行きのピーチ機内で20年9月、男性客が乗務員らを威嚇するなどしたとして航空法第73条の安全阻害行為で途中降機させられ、後に大阪府警に逮捕されたことがある。


それもあってか、ネット上では、今回のトラブルを起こした選手らに厳しい声が多い。「開放感で騒ぎたくなったんだろうね」との声はあったものの、「五輪関係者だから何をしても良いという、誤った風潮は断ち切るべきだ」「飛行の安全を守るために、出発地に引き返す判断もあった」「強制降機を命じてもよいのでは」などと書き込まれている。


「安全運航には支障はありませんでした」



豪選手らのトラブルについて、JALの広報部は8月4日、J-CASTニュースの取材に対し、詳細な状況は回答を差し控えたいとしたうえで、「機内での振る舞いは報道の通りです」と答えた。


一般客への影響については、「一般のお客さまやオリンピック選手団体から騒がしくて眠れないというご意見をいただきました」と明かした。


航空法違反で選手らを降機させるなどの判断はありえたかについては、こう説明した。



「飛行中は機長と状況を共有しながら常に監視体制のもと、都度注意喚起に努めておりました。また機内のオリンピック関係者に申し立てを行い、選手へ行動を抑制するよう促していただいくなどの対応を行い、安全運航には支障はありませんでした」


「機内では、免税店で購入したアルコール類は飲まないで」


ただ、JALによると、シドニーの現地担当者は、AOCに口頭で状況報告を行い、再発防止を強く要請した。そのうえで、次の8項目を挙げた書面でもAOCに申し入れた。


1. オーストラリアを代表するオリンピック選手であることを忘れず、社会的な常識に沿って機内で行動していただき、ほかのお客さまや乗務員に敬意を払ってください。



2. 機内では、免税店で購入されたアルコール類はお召し上がりにならないでください。


3. また、過度のアルコールを飲まないようにしてください。過剰にアルコールを接種されると、ほかのお客さまのご迷惑になり、また、乗務員の業務に支障をきたします。


4. JALとオーストラリア政府の定めに従い、飲食をしていない時は常にマスクを着用してください。


5. お客さまは乗務員の指示に従わなければなりません。拒否することは日本の航空法に違反します。


6. JALは、泥酔した方や好ましくない行為をされた方へのアルコールの提供を中止する権利を有します。


7. 最終的には、好ましくない行動が続くお客さまは、遺憾ながらオーストラリア連邦警察に引き渡される可能性があります。


8. AOCには、JALとオリンピック選手団の間の連絡役となる責任者を指名していただきたい。責任者のお名前を事前に教えていただければ、乗務員に引き継ぐことができます。その責任者には、機内の規律を保つために乗務員をサポートしていただくようお願いします。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ