Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

台風14号はきょう12日午後、非常に強い勢力で先島諸島接近へ!来週後半は九州~関東にも影響が出る可能性あり

 非常に強い勢力の台風14号は、きょう(12日)昼過ぎから夕方にかけて、非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する。沖縄地方では、12日は暴風や高波に厳重に警戒するとともに、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。


台風14号は、12日午前5時には与那国島の南南西約200キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいるとみられる。中心気圧は935ヘクトパスカルで、中心付近の最大瞬間風速は70メートル。台風14号は、非常に強い勢力を保ったまま沖縄の南を北上していて、12日昼過ぎから夕方にかけて先島諸島にかなり接近する。その後、14日(火)にかけて東シナ海を北上し、16日(木)には東シナ海でほとんど停滞する見込みだ。


台風の接近に伴って、沖縄地方では、12日は猛烈な風が吹いて大荒れとなり、うねりを伴った猛烈なしけとなる。


過去に接近した台風では、風速40メートル以上の猛烈な風が吹くと、電柱の倒壊や車両の横転、住家の倒壊などの被害が発生していて、特に先島諸島では、一部の住家が倒壊するおそれがある。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重な警戒が必要だ。また、猛烈なしけとなるため、高波にも厳重な警戒が必要となる。


沖縄地方では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が非常に不安定となり、12日は台風本体の発達した雨雲がかかり、雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となるおそれがある。


土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するとともに、竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。


なお、暖かく湿った空気の流れ込みの程度によっては、西日本では16日(木)頃にかけて大雨となるおそれがある。



予報円(白い円)は台風の大きさではなく進路の予想(予想の幅)を表しています。



これを見ると、あす13日にかけて台湾と八重山地方(与那国島、西表島、石垣島など)の間を北上し、東シナ海に進む見込みです。


ただ、そのあと予報円が大きく重なっていて、しばらく同じような位置に停滞(迷走)する事が考えられます。


停滞するという事は影響が長引くおそれがあるため、最新の台風情報や自治体からのが避難情報をこまめに確認するようにして下さい。



きょう午後には沖縄の先島諸島に最接近する見込みです。急激に風が強まるため、早めに安全な場所への避難をお願いします。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ