Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

白鵬は物議を醸すことが多くありましたが引退へ…右膝限界45

 大相撲の第69代横綱・白鵬が現役を引退する方向であることが26日、分かった。進退を懸けて出場した7月の名古屋場所では、最多を更新する45回目の優勝を16回目の全勝で飾った。しかし、右膝の状態が思わしくなく、土俵を去ることになった。優勝回数、横綱在位84場所、通算1187勝、幕内1093勝など数々の最多記録を打ち立てた大横綱が、約20年の力士生活に別れを告げる。



最強横綱が現役生活にピリオドを打つ方向となった。白鵬は、所属する宮城野部屋に新型コロナウイルス感染者が出た影響で秋場所を全休したが、場所後にも最終的な話し合いや手続きなどが進められるもようだ。


数々の激闘で肉体の至るところが限界に近づいていた。特に今年春場所の途中休場の原因になった右膝は思わしくない状態だった。名古屋場所では、当時大関の照ノ富士との千秋楽全勝対決を制し、V45を決めた。優勝インタビューで自ら「右膝がもうボロボロで、言うことを聞かなかった」と語るほどだった。



一方で「横綱としてこれで899勝。あと1勝で900勝なので、1勝目指して頑張っていきたい」と今後への意欲も示していた。ただ8月下旬の合同稽古は参加こそしたが、胸を出すだけにとどまった。右膝については「日によりますね。良くなったり悪くなったり」と話すなど、劇的な改善には至らなかった。


白鵬は角界入りを夢見て2000年10月に来日。大阪にあるアマチュア相撲の名門・摂津倉庫で稽古しながら大相撲から声がかかるのを待った。父・ムンフバトさんはモンゴル相撲の大横綱で同国初の五輪メダリストの英雄。ただ白鵬は当時175センチ、68キロと細い15歳の少年。仲間が次々とスカウトされる中、全く声がかからなかった。同年12月、角界の道を諦め、帰りの航空券も購入。だが帰国する前夜、モンゴル力士のパイオニア・旭鷲山の紹介で突然、宮城野部屋への入門が決まった。



猛稽古に耐え、次第に頭角を現した。01年春場所で初土俵。04年初場所で新十両。同年夏場所に新入幕。06年春場所後には昭和以降4位の21歳0か月の若さで大関昇進。07年夏場所後には、22歳2か月の史上3位の年少記録で横綱になった。


10年春~11年技量審査場所まで史上最多タイの7連覇。10年には史上2位タイの63連勝も記録した。最強の名をほしいままにしたが、近年はけがが目立ち、休場も増えた。その状況に昨年11月場所後には横綱審議委員会が「引退勧告」に次ぐ重さの「注意」を決議。かち上げなどの取り口や土俵態度で物議を醸すこともあった。ただ数々の記録で大相撲の歴史に名を残した。



◆白鵬 翔(はくほう・しょう)本名同じ。1985年3月11日、モンゴル・ウランバートル市生まれ。36歳。2001年春、宮城野部屋から初土俵。04年初、新十両。同年夏、新入幕。07年夏場所後に第69代横綱昇進。10年に史上2位タイの63連勝。同年春から11年技量審査場所(八百長問題による夏場所の代替開催)にかけ、史上最多タイの7連覇。19年9月に日本国籍を取得した。得意は右四つ、寄り。192センチ、155キロ。


実は、場所前から「白鵬関が引退するのではないか」と、一部関係者でささやかれていたのですが、7月場所優勝インタビューで「あと1勝で900勝」ということにも言及しており、次の場所での出場を見据えているのだろうと個人的には信じていたので、正直ショックを隠せません。



横綱は、その立ち振る舞いが物議を醸すことが多くありました。近年も、土俵上でのガッツポーズをはじめ、土俵上での振る舞いに賛否両論が巻き起こったことは記憶に新しいと思います。しかし、数々の大記録、記憶に残る多くの名場面と、その功績の大きさは計り知れません。横綱の引退は、角界のひとつの時代の幕引きであると考えます。


白鵬の功績は横綱としての強さを見せ続け、史上最強と言って差し支えないほどの記録を残したこともさることながら小兵の相撲を横綱が取ること。つまり相撲の定石を変えたことではないかと思います。


張り差しやカチ上げ、後方からの仕切り、猫だましなど、エピソードを上げるときりがありません。批判も多いですが相撲の可能性を拡げたということは本当に大きな功績だと思います。



この新たな相撲が一つのスタンダードとなり、後年「令和の相撲の父」として振り返ることになるか、白鵬一代のみの相撲となるかはこれから次第です。


しかし凄い横綱でした。全身がボロボロになるまで戦い抜いてくれたこと、長年角界を牽引し支え続けてくれた横綱に、心から感謝いたします。本当にお疲れ様でした。いまはどうかゆっくり休んでくださいと声をかけたいです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ