Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

高市氏会見で「森友再調査について一言!」...現場で何が起きたのかim

 自民党の高市早苗衆院議員が2021年9月8日に国会内で記者会見し、総裁選(2021年9月17日告示、29日投開票)への出馬を正式に表明した。記者会見は約1時間50分にわたって開かれ、そのうち政策について説明する冒頭発言に48分を費やした。



高市氏が言及した政策は多岐にわたったが、記者の質問を含めて最後まで話題に出なかったのが森友学園をめぐる再調査の問題だ。司会者が会見を終了しようとする中、質問の順番が回ってこなかったフリーの記者が「安倍さんの疑惑に触れないのは忖度しているせいですか?」などとヤジを飛ばす形で問題について質問。高市氏は「裁判中の案件については、お答えは差し控えさせていただくが、ただ、再発防止にはしっかりと取り組んでいく」などと応じた。


森友学園の再調査問題では、すでに立候補を表明している岸田文雄氏が9月2日のBS-TBSの番組で「さらなる説明をしないといけない」と前向きな姿勢を示していたが、7日になって記者団に対して「再調査は考えていない」と発言。態度を一変させたとして波紋を広げていた。



高市氏は記者会見で、「日本経済強靱化計画」と題して、物価安定目標2%達成まではプライマリーバランス(PB)規律を凍結して戦略的投資に対する財政出動を行うことを掲げたほか、重症者を極小化するコロナ対策、経済安全保障、国防力の強化、NHK改革、省庁再編などについて意欲を示した。


異変があったのは会見の終盤。高市氏に次の予定があることを理由に、司会者が質疑応答を打ち切ろうとすると、指名されなかったフリー記者が



「森友再調査について一言! 赤木ファイルの公開、森友事件の再調査するんですか? 一言答えてください! 岸田さんはしないって言ってますが。安倍さんの疑惑に触れないのは忖度しているせいですか? 一言お願いします! 聞こえてるんでしょ? 一言!」


などと大声をあげ、別の記者からは「おい、ルール守れよ!」

「そこまで、やじり倒さないでください」

こんな状況に、高市氏は「はい、あの、今、聞こえておりましたので、一言お答えさせていただきます」。その上で、次のように話し、再調査の是非について直接はコメントしなかった。



「森友の問題に関しましては、ひとりの公務員の方が、大変精神的にも体力的にも追い詰められ、そして、役所の正義を疑い、悩み、命を絶たれたという、本当に気の毒な事件でございました。まずは、ご遺族の方々のお悲しみに...本当に耐えがたい、お悲しみだと思います。お悔やみ申し上げます。私がやりたいのは、今後、こういう改ざん、文書の改ざんが絶対に起こらない、どこの役所でも起こらない、官邸の中でも起こらない、そういう体制をしっかりと作っていくということでございます。すでに行政機関で調査された上、今、お答えしにくいのは、民事の裁判になっていると聞いているので、裁判中の案件については、お答えは差し控えさせていただきますが、ただ、再発防止にはしっかりと取り組んでまいります」



記者が再び「安倍さんに言われたんですか?」と声を上げると、高市氏は苦笑いしながら

「言われてません! やじらないでください。お願いします」

「そこまで、やじり倒さないでください」と応じて会見場を後にした。


Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ