Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

サッカー協会会長が森保監督の解任否定も…森保監督に対する風当たりは強くなっているm

 勝利の喜びより、今後の不安の方が上回ったサポーターが多かったのではないだろうか。カタールW杯アジア最終予選で、日本は中国とカタール・ドーハで現地時間7日に対戦し、前半40分に右サイドを突破したMF伊東純也のクロスに反応したFW大迫勇也がゴールを決め、1―0で初勝利を挙げた。2日の初戦でオマーン代表と対戦し、終了間際に決勝点を献上して0-1で敗戦。一つも負けが許されない戦いが続く中、白星をつかんだのは大きい。ただ課題は山積している。



スポーツ紙のサッカー担当記者はこう分析する。


「大迫は得点を決めましたが、持ち味のポストプレーでボールが収まらない場面が目立ち、シュートの精度も低かった。初戦もスタメンでフル出場しましたが体にキレが感じられなかったので、良い動き出しを見せていたFW古橋亨梧やFWオナイウ阿道を起用する選択肢があったと思います。攻撃は伊東とMF久保建英の個人技で局面打開する以外見せ場がなく、サイドからのクロスの精度も低かった。攻撃の引き出しが少なく、選手交代も機能しているとは言い難い。森保監督の限界を感じました。10月はサウジアラビア戦、オーストラリア戦と強豪との戦いが続きますが、正直この状態のままでは勝てません」


報道によると、日本サッカー協会の田嶋幸三会長がメディアのオンライン取材に応じ、森保監督について質問が及ぶと、「采配についていろいろ言うのは簡単なことだが、選手の疲労や練習に取り組む姿勢など、森保監督が一番分かっていた上で使っている。私はそれを信じていかなければいけない。彼を信じてバックアップして、W杯予選を突破してもらえるようにしたい。それを引きずり下ろそうとする人がいるかもしれないが、では誰に代わったら確実に勝てる人がいるのか。そんな簡単なことではない」と更迭を否定。全面的に信頼していることを強調したという。



だが、SNS、ネット上の反応は芳しくない。


「最終予選を勝って、W杯出場が目標じゃないだろ?W杯ベスト8が目標なら、もっと戦術が豊かな監督・コーチを世界中から探してきてほしい。このままいくと、最終予選で散るかW杯のGS(グループステージ)敗退だと思う」


「衰えが明らかな大迫、長友を起用し続けている時点で森保監督は無理だよ。能力のある選手がいるのにもったいない」などの声が相次いだ。



最終予選で簡単な試合は一つもない。初出場した98年のフランスW杯から6大会連続出場しているが、最終予選では日本を徹底的に研究するアジアの各国との戦いで苦しめられてきた歴史がある。フランスW杯の最終予選では1勝1敗2分けと苦戦すると、当時の加茂周監督が更迭され、岡田武史コーチが監督に昇格。初のW杯出場に導いた。18年ロシアW杯ではヴァヒド・ハリルホジッチ監督の下で最終予選を勝ち抜いて出場権を獲得したが、本大会直前に解任。西野朗監督が就任し、本大会では決勝トーナメントに進出している。


最終予選の戦いぶりで森保監督に対する風当たりは強くなっているが、この試練を乗り越えられるだろうか。10月に対戦するサウジアラビア戦、オーストラリア戦は日本代表のターニングポイントになる2試合になりそうだ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ