Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

眞子さまと小室圭さん、年内に結婚…眞子さまゆかりの人々から驚きと祝福ma

 婚約が内定している秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんが年内に結婚されることが関係者への取材でわかった。



関係者によると、小室さんは米ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んでおり、結婚の環境が整いつつあると判断したとみられる。


秋篠宮さまは、小室さん側の金銭トラブルを念頭に、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ婚約の儀式は行えないとの考えを示されてきた。必ずしも多くの国民が祝福する状況になっておらず、コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。



安定的な皇位継承を実現するため、政府の有識者会議は、「男系男子」による皇位継承は変えずに女性宮家創設の議論を進める方向と報じられています。女性宮家創設となれば、女性皇族が結婚後も皇族の身分を保持することになります。なお、他にも皇族の養子縁組を可能にし、旧宮家の男系男子を皇籍復帰させる案も検討されているということです。


眞子さまと小室さんの結婚は、こうした議論にも少なからぬ影響を及ぼしているほど、国民にとって大きな関心事となっています。



結婚される場合、小室さんの家族の抱える問題について法的な面からだけでなく、国民の納得するような形での説明があることが望まれますが、儀式を行わない方向とのこと、それも叶わない可能性が高いのでしょう。


眞子さまのゆかりの人たちからは驚きと祝福の声があがった。


「いろいろとニュースが続いて気がかりだったので、本当によかったです」。眞子さまが総裁を務める日本工芸会の林田英樹理事長は1日、年内結婚の見通しとの報道を受け、安堵(あんど)した様子で語った。



林田さんによると、眞子さまは、総裁となった2016年以降、日本伝統工芸展の総裁賞などの選定や、授賞式に毎年出席。博物館学を研究している眞子さまは工芸品についても造詣が深く、専門家の説明をいつも熱心に聞かれているという。


林田さんは8月中旬、今年の工芸展の総裁賞などを選定してもらうため、お住まいのある赤坂御用地を訪問し、眞子さまと面会した。「いつもと変わらず、元気な様子で、熱心に選んでいただいた。お幸せになっていただきたい」



眞子さまは、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県女川町の復興の過程を描いた映画を16年5月、東京都内で鑑賞された。


町内で水産加工会社を営み、映画にも出演した石森洋悦さんは上映会場で、眞子さまと言葉を交わした。眞子さまは震災の被害を詳しく知っており、町民に励ましの言葉をかけられていたという。石森さんは「所作も醸し出すオーラも一般人と違ったけれど、優しかった。眞子さまのニュースにはずっと関心を持っていたので、結婚の報道を見てびっくりした。苦労のない幸せな生活を送ってほしい」と期待を口にした。



16年10月には、盛岡市の岩手県立美術館を訪れ、岩手ゆかりの作家が制作した絵画や像をご覧になった。藁谷収(わらがいおさむ)館長は「災害を重く受け止められていた。訪問を受けて励まされた被災者も多かっただろう。米国で生活されることになっても、日本の被災地への関心を持ち続けていただければ」と話した。


17年に眞子さまが公式訪問されたブータンで、首都ティンプーにある日本庭園を案内した造園会社「仲田種苗園」(福島県石川町)社長の仲田茂司さんは、眞子さまがそばにいたブータンの王族に庭園の説明を英語で伝えられたのを覚えている。「どんな人にもフランクで、堪能な語学で機転をきかせてくださった。結婚が延期になり、ずっと心配していたが、幸せになられることを願っている」と語った。



一方、小室さんの母親と元婚約者の男性との金銭トラブルを巡り、複雑な思いを抱く人もいる。


1日に皇居周辺をランニングしていた東京都足立区の配送業の男性は「これまで皇室のご結婚は国民に祝福されてきたし、今後もそうあってほしい。お二人には金銭トラブルについて国民に向けた説明を尽くし、誠意を見せていただきたい」と話した。


ヘンリー王子とメーガンさんの例を考えますと、一番問題になるのは警備費でしょう。


結婚で女性皇族は皇籍を抜けますが、それでも眞子さまが現行法で未来の天皇の姉である事は一生涯変わりません。



黒田清子さんは、マンションの選定にあたって、安全の問題を重視されたそうです。それに何と言っても国内です。日本は大変治安がよい国ですし、国内であれば警察等に頼る事も期待できます。


でもニューヨークですよ。世界レベルで誰に狙われるかわからないなか、自衛しか方法がない。物価も大変高い。警備の必要がない普通の人が、一応は安全な住まいで暮らして、年収1000万円ですら慎ましい生活しかできません。安全性が極めて高い物件と警備費、品位は保てる生活費で、最低でも年収6、7千万円は欲しい所です。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ