Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平、キャリア初のホームスチール!「全てが不公平」と現地メディアo

 エンジェルスの大谷翔平がまたも自身のMLBキャリア初を披露し、現地メディアを沸かせた。



今季アメリカン・リーグのシーズンMVP獲得へ向けてひた走る二刀流スターは、現地月31日(日本時間9月1日)に本拠地エンジェルスタジアムでのヤンキース戦に2番・指名打者でスタメン出場すると、5回に申告敬遠で出塁し、味方の安打で3塁まで進み、ダブルスチールから本盗を成功させた。


これについてアメリカの『ヤフースポーツ』は、同日付で掲載した記事の冒頭で、「ショウヘイ・オオタニはホームランでMLBをリードし、防御率でエンジェルスの先発投手をリードしていることから、忘れがちになってしまうが、どういうわけか、彼はこのゲームで最も速い選手の1人でもあるのだ」とした。



その上で、「そう、既に近代MLBで前代未聞のスキルの数々を見せつけてきた6フィート4インチ(193センチ)で、210パウンド(95キロ)のオオタニは、とても速く、どれくらい速いかというと、火曜の試合でエンジェルスがダブルスチールに際し、彼にホームスチールをさせるくらい速いのである」と伝えた。


記事では、本盗の場面を振り返りつつ、大谷の走力についての詳細を伝えた上で、「オオタニについては全てが不公平なので、これらは何れも驚きにはあたらない」としている。



一方、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者も、同日付で「ショウが本塁を盗む」と題した記事を投稿しており、その冒頭で、「これまで見る限り、野球のフィールドでショウヘイ・オオタニにできないことは皆無のようだが、火曜のヤンキース戦で、彼はこれまで一度もしたことのないことをした」とした上で、大谷の本盗について伝えた。


大谷が本塁に生還した際、打席に入っていたのがジャレッド・ウォルシュだったことから、記事では「打席にいて最前列でプレーを見た一塁手のジャレッド・ウォルシュは、オオタニが盗塁を成功させたことが信じられなかった」とウォルシュにスポットライトを当てた。



そして、「見ると、ショウがホームへスライディングしていた。僕は、“ワオ。こいつは凄いな”という感じだった。あれはクールだったね。またしても、ショヘイが何か物凄いことをやってのけた夜になった。毎日ショウを見ているのは、特別な楽しみだね」という本人のコメントを掲載した。


今季MLB最多の42本塁打としている大谷は、この試合で上記の本盗を含め、2つの盗塁を成功させおり、22盗塁まで伸ばしたのだが、記事によると、「アメリカン・リーグ史上、同一シーズンに42本塁打22盗塁以上を記録したのは、オオタニが4人目」とのこと。



これで、ホセ・カンセコ(1988、91、98)、アレックス・ロドリゲス(98、2007)、そしてケン・グリフィーJr.(99)の仲間入りを果たした。また、エンジェルスでの本盗成功は、2018年8月7日のフランシスコ・アルシア以来となった。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ