Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

審判不手際による“大混乱”でヤクルト高津監督が猛抗議…混乱を招いた原因は?いったい誰の何が悪かったのかy

 首位の阪神を追うヤクルトが13日、バンテリンドームで行われた中日戦に0-1で惜敗したが、9回一死一、二塁からの「併殺」判定を巡りヤクルトの高津監督が、約14分間に及ぶ猛抗議を行う“事件”があった。場内への審判団の説明も不十分で高津監督も納得がいかずネットも炎上騒ぎとなった。混乱を招いた原因は?いったい誰の何が悪かったのか。



大混乱の幕切れだった。


問題のプレーは0-1で1点を追うヤクルトの9回最後の攻撃で起こった。一死一、二塁でマウンド上は“守護神”のマルティネス。打席には代打の切り札、川端である。その初球だった。川端が打ちにいった打球は、大きなバウンドのセカンドゴロ。前進して捕球した二塁の堂上は、一瞬、目の前の一塁走者、西浦にタッチしようという動作を見せるが、西浦が立ち止まって逆走し始めたため一塁へ送球した。その躊躇で送球が遅れて川端はセーフ。まだ一塁走者が、一、二塁間に残っていたため一塁手の福田は、すぐさま二塁のベースカバーに入った遊撃手の京田に返送して問題のランダウンプレーが始まった。



京田は、二塁ベースのすぐ手前でキャッチすると、この段階ではベースを踏まず、三塁ベースを少し回ったところでストップしていた三塁走者、古賀の動きをチェックしながらランダウンプレーで西浦を追った。だが、西浦との距離があり、一塁手の福田から「二塁を踏め」の声も出たため、一度、二塁ベースへ戻ろうと走り出したが、思い直したように福田にボールを送る。


福田は、走者を挟むには距離がありすぎたため、すぐに二塁ベースにいた京田に転送。京田はしっかりと左足でベースを踏んだ。ここで、やっとフォースプレーが成立したのだが、なぜかすぐ目の前で、それを見ていた嶋田塁審は、なんのジャッジも示さない。アウトのコールがなく、一、二塁間にいた西浦もプレーを続行していたためランダウンプレーが続くという異様な展開となった。



京田は、再び福田へボールを送り、福田は西浦を追いかけたが、三塁走者の古賀が本塁へ突入。すぐさま福田も捕手の木下拓に送球して余裕のタイミングで古賀はタッチアウトとなった。ここでプレーが途切れた。試合終了のはずだが、二死一、二塁からゲームが続行されようとしたため、与田監督がベンチを出てリクエストを求めた。


審判団はリプレー検証を終えて「アウト」を宣告、併殺プレーが成立したことを告げた。与田監督がベンチでガッツポーズをして、午後8時35分に試合が終了し、「1-0をもちましてドラゴンズが勝ちました」の場内アナウンスが流れた。与田監督が選手を出迎える“勝利の儀式”が続く中、納得のいかない高津監督は、右手を上げながらベンチを飛び出して丹波球審ら審判団に猛抗議した。



何度も両手を広げるジェスチャーをしながらの怒りの抗議は約14分間にも及んだ。その間ヤクルトの全選手がベンチに居残り、山田、青木らが大きな声で高津監督の抗議を後押しするアピール。次打者の塩見らはヘルメットをかぶってバットを持ち出場の準備をしていた。


中日ナインは全員ロッカーに引き上げて誰もいなくなっていたが、観客のほとんどはスタンドに残り行方を見守っていた。


スポーツ紙などの報道によると高津監督は抗議理由を「(塁審は)ハッキリとしたジャッジをして欲しかった。(アウトのジャッジがあれば、三塁走者は本塁に突っ込まなかった?)もちろんそう。審判の説明も明らかに違うなと思うところがあった。残り30数試合の大事な佳境。引き下がれなかった。納得できないことだらけ」と明かしたという。



もし京田がベースを踏んだ時点でフォースアウトのジャッジがなされていれば、ランダウンプレーもなく、当然、三塁走者も突っ込んでおらず、ゲームはまだ続行していたという抗議だ。


高津監督が抗議をあきらめた後に責任審判でもある丹波球審がマイクを持って「ただいまのプレーについて説明します」と場内に説明した。


「ランダウン中に、京田選手がセカンドベースを踏んでいました。それについて中日側よりリクエストがあり、確認した結果、踏んでいたことを確認したので、ランダウン中にホームで2アウト目が成立。最初にセカンドで2アウト目が成立。ホームのタッグプレーで3アウト目が成立で試合終了です」



高津監督の抗議内容も、京田がベースを踏んだ時点でなぜジャッジされなかったのかの理由もわからず、まったくの説明不足。


ヤクルトナインは誰ひとりベンチを動こうとせず村上、山田らも大きな声で不満の意を示した。その様子を見た丹波球審がヤクルトベンチを訪れると、宮出ヘッド、衣川バッテリーコーチが再度抗議したが、そこに高津監督が現れ、全選手に向かって何やら言葉を発して両手をポンポンと叩き、全選手をベンチから引き上げさせた。


一方の与田監督は、対照的に「難しいプレーだったが選手は冷静にやってくれた」と胸をなでおろしていた。



ネットの検索ワードで「高津監督」「フォースプレー」などが急浮上。ネット、SNS上も「高津監督の怒りは当然」、「中日ファンだけど審判の説明に納得いかない」、「ヤクルトにとって大事な時期にありえない審判のミス」、「なぜ審判がミスを認めて謝らないのか」などの声で炎上した。


ヤクルトにとってなんとも後味の悪い幕切れとなったが、いったい誰の何が悪かったのか。


昨年まで阪神で7年間コーチを務め、侍ジャパンでも内野守備走塁コーチを務めるなど、守備走塁への造詣の深い評論家の高代延博氏は、まず審判の不手際を指摘した。


「一番悪いのは、京田が二塁ベースを踏んだ時点で、目の前で見ていた塁審がアウトのコールをしなかったこと。新聞のネット報道によると、嶋田塁審は『ベースを踏んだことは確認していない。だからアウトもコールしていない。一塁走者はそのまま生きていた』と説明したらしいが、目の前で見ていて『確認していない』わけがない。言い訳のできない不手際だ。あくまでも推測だが、長いランダウンプレーになったので、打者走者がセーフだったことを忘れ、二塁はフォースプレーではなくタッチプレーが必要だと勘違いしていたのだろう(もし打者走者が先にアウトとなっていればフォースアウトは成立せずセカンドはタッチプレーが必要)。アウトのコールがあれば、当然、三塁走者も突っ込んでいなかっただけに高津監督の怒りもわかる。ただルール上は、二塁でフォースプレーが成立、本塁に突っ込んだ走者もアウトでダブルプレーの成立となりゲームセット。いくら抗議したところで、二死からやり直しなんてことは絶対にできない。それでも、あそこまで抗議するのは不手際をした審判団がミスを認めない対応をしたので、怒りが収まらなかったのだろう」


これは当該審判に対してセ・リーグがペナルティを科さなければならない不手際である。そして、そもそも与田監督が、アウトをコールしなかった審判のミスに対してリクエストを使わねばならなかったこともおかしい。リクエストではなく与田監督の抗議に対して審判団は自らリプレー検証して確認すべき案件だろう。


阪神を3ゲーム差で追いかけていた2位のヤクルトは連敗で、試合のなかった巨人に抜かれ3位転落となった。納得のいかない敗戦となったが、高代氏は、もうひとつ、このランダウンプレー中のヤクルトのミスも指摘した。


「今回のケースで打者走者がアウトとなった場合は併殺でゲームセットとなる可能性が高いため、送球ミスがあるかもしれないので、二塁走者は本塁へ突っ込ませる。中日時代に星野監督にも『回してくれ』と言われていた。ただ打者走者がセーフになった場合は違う。三塁ランナーは突っ込ませずに、二死一、三塁にして次打者につなげるのがセオリー。塁審のアウトのジャッジがなく、ランダウンのプレーが続いていたとはいえ、三塁コーチはフォースアウトであることはわかっていたはずだから、ああいう形で本塁へ突っ込ませるべきではなかった」


セルフジャッジは危険と背中合わせだが、的確な判断が必要なケースもあるのだ。


そして、そもそも9回無死一、二塁から西浦が送りバントに成功していれば、川端のセカンドゴロで同点だった。野球に「たられば」は厳禁だが、高代氏は「9回のバントミスもそうだが、ヤクルトは序盤からチャンスを作りながら拙攻で得点につなげることができなかった。先発の石川も踏ん張ったし、やるべきことをやっていれば勝てるゲームだったと思う」と見ていた。


ヤクルトは審判の不手際による大混乱の末、後味の悪い幕切れで大事なゲームを落とした。2位の巨人とは0.5差で、首位の阪神とは3.5差。まだまだ優勝圏内につけているが、審判のとんだ不手際に巻き込まれ、後に尾を引くような痛い黒星になってしまったのかもしれない。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ