Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

エディー・バウアーの決定にファン落胆、12月中に日本全店舗を閉店

 アメリカ・シアトルで1920 年に創業したアウトドア・ライフスタイル・ブランド「Eddie Bauer(エディー・バウアー)」を日本で展開するエディー・バウアー・ジャパン株式会社(本社、東京都世田谷区)は15日、公式サイト上に「エディー・バウアー閉店のお知らせ」の文書を掲載。店舗とアウトレット、オンラインサイトの営業を2021年12月をもって全店閉店することを発表しました。



同社サイトによると、同社の店舗数は路面店とアウトレット合わせて全国に56店舗を展開中。16日現在、閉店日が発表されているのは11月14日閉店のアウトレット鳥栖店、アウトレットりんくう店、11月30日閉店のイオンモール川口前川店、高槻阪急店の4店舗のみ。他の店舗に関しては「決定次第随時お知らせいたします」。


関西圏にある店舗の担当者は当サイトの電話取材に対し「公式サイトの発表の通りです。閉店日はまだ決まっておりませんが、12月中になるかと思います。決まり次第、店頭にてお知らせいたします」と話しました。



同社公式Twitterアカウントでも閉店を告知し「ご愛顧いただきました皆様への感謝の気持ちを込めて、本日10/15(金)より完全閉店セールを開催しております」と投稿。同社サイトにはアクセスが集中し、一時的につながりにくい状態になりました。


Twitter上には「悲しい」「日本撤退か」「これから何を着れば」「全身エディー・バウアーなのにこれからどうすれば…」「愛用しているのに困る」「他のブランドは体に合わなくて重宝してたのに」「好きだったのに」「悲報すぎる」「残念」など、同ブランドのファンらの書き込みが相次いでいます。


ここ数年、日本撤退を発表した海外ブランドは「オールドネイビー」(2016年)、「フォーエバー21」(2019年)、「アメリカンイーグル」(2019年、その後2020年に復活)などがあります。



エディーバウアー、20年ぐらい前は郊外のアウトレットモールやショッピングモールにたくさん店舗を構えていた。


中年男性にとっては着やすいデザインのものが多くて重宝していた人も多かったことだろう。ユニクロよりセンスのある商品が多かった。結局、日本のファストファッションはユニクロの一人勝ちになってしまい非常に味気ないものになってしまった。



アメリカの大手大衆向けのブランドにとってデフレで少子化の市場は旨味が無い。


多少売れても市場は飽和状態だし投資してもリターンはたかが知れてる。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ