Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

勝みなみが圧勝でメジャー初…日本の史上3人目

 日本女子ゴルファーNO.1決定戦は、最終ラウンドが終了した。単独トップで出た勝みなみが6バーディ・1ボギーの「66」をマーク。後続に6打差をつけるトータル14アンダーで圧倒し、今季2勝目、ツアー通算6勝目をメジャー初優勝で飾った。



前半で3ストローク伸ばした勝は、2位との差を2打に広げてハーフターン。バックナインでは後続が伸ばしあぐねるのをしり目に、10、13、14番と次々にバーディを奪う。最終18番はパーパットを外して苦笑いも、終わってみれば6打差の圧勝でナショナルオープンを制し、勝利を称えるギャラリーの拍手に両手を上げて応えた。


勝は2014年の「日本ジュニア」、15年の「日本女子アマ」、そして同年の日本女子オープンでローアマチュアと、日本ゴルフ協会(JGA)主催競技のタイトルを3つ制覇。今回の勝利によって宮里藍、諸見里しのぶに続く“日本タイトル4冠”を成し遂げた。



トータル8アンダー・2位タイに西郷真央と上田桃子。トータル3アンダー・4位には西村優菜が入った。


渋野日向子はトータル2アンダー・5位タイ。1993、94年賞金女王の平瀬真由美をおばに持つ竹田麗央(熊本国府高3年)がトータル1アンダー・7位タイに入り、ローアマチュアを獲得した。




勝みなみさん、念願のナショナルオープン、優勝おめでとう。


何故入るのと思わせるようなバーディーパット、パーセービングパットが続きました。


圧倒的勝利ですね。これで複数年シードを手に入れて、晴れて米ツアー挑戦ですね。


来年は勝さん、渋野さん、畑岡さん、笹生さんが向こうで大暴れするのを楽しみにしています。



西郷真央さんもさすがの実力者ぶりを魅せてくれました。近いうちの初優勝を心待ちにしています。


渋野日向子さん、上位とは離されましたが5位タイもがんばりました。バーディが一つ取れて観ているこっちもほっとしました。これで3試合連続トップテン、来週こそは優勝を期待しています。


選手、キャディー、スタッフ、NHK、皆さんお疲れさまでした。予備日を生かした72ホールの熱戦、堪能しました。ありがとう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ