Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の超兵器・玄武4、公開された映像は「フェイク」だった…発表している数字がおかしい

 韓国の玄武-4というミサイルが「発射試験を成功した」として映像が公開されたのですね。



でも朝鮮日報曰く、この映像はわざと流された偽映像で玄武-4のものではない。玄武-2の改良型だ、としているとのこと。


韓国軍当局が9月15日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などと共に初めて公開した高威力弾道ミサイル、いわゆる「玄武-4」ミサイルの映像は、実は玄武-4ではなく別のミサイル映像であることが明らかになった。セキュリティを維持するため玄武-4ではなく玄武-2弾頭強化型ミサイル(弾頭重量2トン)の映像を公開したというのだ。実際の玄武-4は文在寅(ムン・ジェイン)大統領も「世界最高水準の弾頭重量を持つミサイル」と言及しただけあり、重量4-5トン以上の弾頭を載せる「怪物ミサイル」だ。



政府筋は26日、「15日に公開された高威力ミサイルの映像は玄武-4ではなく、重さ2トンの弾頭を載せた玄武-2改良型ミサイルだと聞いている」と語った。同日、文大統領と軍首脳部が参観する中、忠清南道泰安郡の安興試験場で実際の玄武-4ミサイルを発射し、海上の仮想の目標物に命中させることに成功したが、メディアには以前非公開で実施した玄武-2改良型ミサイル発射と標的命中の映像を公開したというのだ。


軍当局が「ニセ玄武-4」の映像を公開したのは、玄武-4ミサイルの形状が北朝鮮はもちろん、周辺国にも知られてはならない極秘事項であるからだという。15日に公開された映像の高威力ミサイルは、ゴルフのホールインワンのように標的の真ん中に正確に着弾した後、地下の奥深くまで入って爆発しており、強力な地下貫通破壊力を見せた。



ミサイルを開発した国防科学研究所(ADD)は「玄武-4」という名称は使わず、「弾頭重量を画期的に増やした高威力弾道ミサイルの開発にも成功した」「今回開発されたミサイルはコンクリートの建物や地下トンネルの攻撃も可能で、主な標的を正確かつ強力に攻撃し、無力化することができる」としている。


実際の玄武-4ミサイルは同日公開されたミサイルよりもはるかに大きい弾頭と威力を持っていると言われる。消息筋は「実際の玄武-4は射程距離300キロメートルの場合、4-5トン以上の弾頭を載せることができる」と語った。一部には、15日に公開されたミサイルの3倍以上の威力を持っているという話もある。



玄武-4は非常に重い弾頭を載せているだけに、形も「頭」(弾頭)が大きい「頭でっかち型」だという。普通、こうした形は構造的に正常な飛行が難しく、精度が大幅に下がる恐れがある。しかし、15日の試験発射での「玄武-4」ミサイルは350キロメートル飛行して3メートル前後の精度で済州島近くの西南海に着弾した。当時は台風が韓国に接近して強風が吹いていた状態だったが、予想を上回る精度を見せたことに参観者たちは驚いたとのことだ。


そもそも韓国側の発表している数字がおかしい。


「高度500〜1000キロメートルまで上昇してマッハ10で下降する」

「威力は戦術核水準のTNT1キロトンていど」

「コンクリートでできた北朝鮮の地下300メートルにある施設も破壊できる」


上昇後(推進剤使用後)にマッハ10で下降できるって、空気抵抗は?


TNT1キロトンの威力って通常弾頭で?


地下300メートルのコンクリートをぶち抜けるって、米軍が開発中の14トンクラスのMOPでも通常コンクリートなら60mが限界なのに?


あと今回は4-5トンの弾頭を搭載する、とありますが以前の話では「弾頭は2トン。搭載している火薬の量は少ないが、弾体の全体を重金属で満たしている」という話だったような……。


プロパガンダであるにしてもその目的がいまひとつ分からない。


「我が軍は超兵器を持ってるのだぞー」と言いたいだけなのかもしれませんが。


で、そのとどめとして「偽映像でしたー」ですからね。


本当にその兵器、存在しているのって感じだなぁ。イラクが最後の最後まで「大量破壊兵器の存在を否定しない」ってやっていたのは、隣国イランに舐められないように、という意図が働いていたとのことですが。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ