Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平のHR球キャッチにマ軍ファン必死の抵抗…イチローさんが大谷翔平を絶賛

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地で行われたマリナーズとの今季最終戦で初回先頭打者46号を放った。今季最終戦で放った一発を見事にキャッチしたのが、ワシントン州オリンピアから観戦に訪れた40歳のジャスティン・ナットソンさんだ。



息子のクレイトンくんと観戦し、「興奮しているよ! オオタニはエキサイティングな選手だ。ホームランを打つ可能性は高いと知っていたから、息子を(右翼席へ)連れてきたんだ。オオタニの大ファンなんだ。私たちはマリナーズファンだけど、いい試合が見られたらいいんだ。ボールをゲットできて本当に興奮しているよ!」と笑顔を浮かべた。


ワシントン州オリンピア出身で生粋のマリナーズファン。「私はイチローの大ファンだ」というが、同地区のライバル球団に所属する大谷にも注目してきた。10歳の息子・クレイトンくんは5歳から野球をやっている。「オオタニはイチローが残したものを引き継ぐ素晴らしい後継者だ。投打でプロでいられるなんてアメージング。子どもたちに『何でもできるんだ』と示してくれている。投手だけ、野手だけに絞らなくていいと子どもの可能性を広げてくれたんだ」と熱く語った。



ホームランボールをゲットした時には周囲のマリナーズファンから「グラウンドへ投げ返せ」と言われたという。それでも、決して投げ返すつもりはなかった。「間違いなく家宝になる。周りの人たちが『投げ返せ』って言うんだけど『とんでもない! これはダメだ』って感じだったよ」と満面の笑みを浮かべていた。


昨日、ウォルシュのホームランボールはグラウンドに投げ返されていました。


放送には明確には映っていませんでしたが、その後の外野の盛り上がりで察しました。


グラウンドに投げ返された際は歓声が沸き起こり、投げ返した人は英雄のようになっていましたね。



今日は大谷選手の第一打席のホームランの後そういった歓声が聞こえなかった為、投げ返されていないのかな?と思っていたら、こちらの親子がキャッチしていたのですね。


MLBではたびたびホームランボールを投げ返す場面は見ますが、やはり大谷選手のホームランボールは特別でしょう。


相手チームのファンながら大谷選手を好きだと言ってくれる方がゲットできて、なんだか嬉しく感じます!



一方、イチローさんが大谷翔平を絶賛「できる限り無理をしながら翔平にしか描けない時代を築いていってほしい」。


マリナーズ会長付特別補佐を務めるイチローさんは4日、エンゼルスの大谷翔平投手について、所属事務所を通じてコメントを発表した。



「大谷翔平と言えば二刀流、無限の可能性、類いまれな才能の持ち主、そんなぼんやりした表現をされることが多かったように思う。比較対象がないこと自体が誰も経験したことがない境地に挑んでいるすごみであり、その物差しを自らつくらなくてはならない宿命でもある。外野からの視点だが、けがなくシーズンを通して活躍した2021年は具体的な数字で一定の答えを示した年だと思う。中心選手として長い間プレーするには1年間、全力でプレーした軸となるシーズンが不可欠だ。それが今年築けたのではないか。アスリートとしての時間は限られる。考え方はさまざまだろうが、無理はできる間にしかできない。21年のシーズンを機に、できる限り無理をしながら翔平にしか描けない時代を築いていってほしい」

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ