Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「正直、びっくり」池江璃花子に勝った同期生…池江から「おめでとう」ike

 東京辰巳国際水泳場で9日にあった競泳の日本学生選手権。池江璃花子(日大)が最も得意とする女子100メートルバタフライを制したのは、同じ大学3年生の飯塚千遥(筑波大)だった。


「正直、びっくりしているというか……。最後、(池江が)見えていたのでタッチまで自分を信じてがむしゃらに泳ぎました」


0秒01差での初優勝に、仲間たちがいるスタンドに向け、何度も右手を高々と突き上げた。


千葉県銚子市出身。小学4年から本格的に水泳を始めて以来、同学年の池江は「本当に尊敬するというか、目標」の存在だった。同じスイミングクラブのルネサンスに所属。2人で国立スポーツ科学センターのプールで練習し、2018年にNHKが特集した企画では、池江の持ち味を検証する比較対象の選手として出演した。


「撮影の機材がすごいな、くらいだったんですけど。それのおかげで、自分に足りないものもわかった」


これまで、全国中学大会、全国高校総体など、全国規模の大会では優勝できず。池江に勝ったことはなかった。大学生になった日本学生選手権でも、得意な100メートルバタフライで2年連続4位。表彰台にも立てていなかった。


「これまで悔しいインカレを1年、2年としてきて。チームに勢いをつけたかった」



今年に入って、ストロークで手応えをつかみ、記録を伸ばした。「自分に合ったレースプランがわかってきた」。4月の五輪代表選考会は3位と自信を深めてきた。


レース後、池江から「おめでとう」と声をかけられたといい、「今回、たまたま勝ったといわれないように。今後も勝負できるように、力をつけたい」。次は3月の選考会で、日本代表を目指す。



小学校から中学生まで水泳に明け暮れていた者です。水泳選手は日々並々ならぬ努力をしています。1位になれるのは1人。それ以外の何百人は悔しい思いをしながら、頂点を目指して頑張っています。


優勝しなくても日々の弛まぬ努力は賞賛に値するし、今までの努力は今後の人生においても決して無駄にはならないと思います。



私も苦しい練習を続けてきたからこそ、人生辛いことがあってもちょっとの事ではへこたれません。池江選手は素晴らしい、でも他の選手も、もっとクローズアップして欲しいです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ