Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

萩原聖人は「大好きな麻雀が大嫌いになりかけた」…チームメイトの瀬戸熊直樹や黒沢咲の足を引っ張る最悪のシーズンだったmi

 麻雀へ、今期へかける思いが溢れた瞬間だった。4期目のシーズンを迎えたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月5日の第1試合では、TEAM雷電の萩原聖人(連盟)が、目まぐるしくトップが入れ替わる接戦をラストで逆転。大事なチーム開幕戦を勝利で飾ると、勝利者インタビューでは麻雀が大嫌いになりかけたことを明かした。



萩原は昨シーズン、苦しい戦いが続いた。個人成績は460ポイントを超える大きなマイナスを叩いて最下位で、チームも7位と低迷。チームメイトの瀬戸熊直樹(連盟)や黒沢咲(連盟)の足を引っ張る最悪のシーズンだった。「今期は原点にかえって、面白い麻雀を見せて勝つ」「優勝します」と宣言した萩原は、1勝が遠かった昨シーズン中、「大好きな麻雀が、大嫌いになりかけた」と勝利者インタビューで告白。そんな中で「また、ここに来られた」と喜びを噛みしめると、「(小林)剛君と茅森(早香)さんと滝沢(和典)君と(の対局は)、すごく楽しくて、やっぱり麻雀が好きだと心から思った」「Mリーグは楽しい」と笑顔を見せた。


不甲斐ないシーズンからの復活勝利と、そのインタビューにはファンからも「涙腺崩壊」「まじ泣きそう」「これは泣くわ」「ハギーー涙」「マジで嬉しい!ハギーおめでとう!!」「ハギー、退団も考えてたみたいだし感慨深いよなぁ」と感動メッセージの嵐。萩原がチームに「開幕戦を任せていただけたということは、まだまだチームの力としている証」との感謝した場面でも、「必要に決まってるだろ!!」「強かった、魅せたわな」などと多数のコメントが寄せられた。



「ラスだろうが、3着だろうが、モチベーションを持ち続ければ大丈夫だと思っている」。自らを鼓舞した萩原はこの日、3着目からの逆転勝利だった。「ストレスを抱えて応援してくれたファンがツモらせてくれた」と謙遜したが、今期はきっと、原点回帰した萩原がチームを初のファイナル進出、悲願の優勝へと導いてくれることだろう。


Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。


麻雀が古いと言う人もいるけど、皆が皆スピードや効率重視だとつまらないから、自分のスタイルを貫けば良いのでは。



そこに結果がついてくればなおよし。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ