Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ささきしょうこが首位キープ…渋野日向子は予選落ち…松山英樹が単独首位で週末へs

 首位発進したささきしょうこが2バーディ、1ボギーの「71」でプレー。通算8アンダーでトップの座をキープして大会を折り返した。



1打差の通算7アンダー2位に勝みなみ、金澤志奈、笠りつ子の3人。通算6アンダー5位に穴井詩、菊地絵理香、石川明日香が続いた。


東京五輪の銀メダリストで賞金ランキング1位の稲見萌寧は古江彩佳、アマチュアの尾関彩美悠(岡山県・作陽高3年)らと並んで通算4アンダー11位。ランク2位の小祝さくらは通算2アンダー22位。



今大会で現役引退をするキム・ハヌル(韓国)は通算1アンダー27位。主催する延田グループと所属契約を結ぶホステスプロのイ・ボミ(同)は4バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算1オーバー43位で週末に駒を進めた。


初日「78」で出遅れた渋野日向子は5バーディ、3ボギーの「70」で終え、通算4オーバーの65位で予選落ちを喫した。



前回大会覇者の柏原明日架は通算6オーバー82位。河本結は国内ではプロ転向後ワーストの「80」をたたいて9オーバー94位に終わった。


一方、松山英樹は首位奪取、マスターズに続く今年2勝目へ


2位で出た松山英樹は3バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーで単独首位に立った。



18番からスタートし、13番パー3で第1打をピン右1・5~2メートルにつけバーディーを奪った。


17番でピン手前から約10メートルを3パットしてボギーを叩くも、続く18番パー5で2オンに成功。約10メートルのイーグルトライを70~8センチまで寄せてバーディーとし、前半の9ホールを通算7アンダーの単独首位で折り返した。


午後1時で気温11度。師走なみの寒さに加え、朝から雨が降り続き、ボールも飛ばす多くの選手のスコアが伸び悩んだ。松山もティーショットが曲がる場面が何度かあり、苦しんだものの、手堅くスコアをまとめる。後半は3番で5~6メートルのバーディーパットを決めて、通算8アンダーまでスコアを伸ばして予選ラウンドを終えた。ホールアウトした時点では2位に2打差をつけた。



今大会は東京五輪以来の国内戦となるが、マスターズの優勝後に日本の観客の前でプレーするのは初めてだ。


前回日本で開催された19年大会は2位だった。マスターズに続く今年2勝目へムードは上向きだ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ