Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

カーリング韓国、「メガネ先輩」辛苦乗り越え3年…最後の1枚の五輪切符をつかみ取った

 スキップのメガネ先輩こと、金ウンジョン率いる2018年平昌オリンピック(五輪)銀メダルの韓国が、最後の1枚の五輪切符をつかみ取った。



前日17日に、女子日本代表で平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレに敗れた。一夜明け、ラトビア戦に臨み、8-5で勝利を収めた。


注目の「メガネ先輩」こと金ウンジョン。日本の好敵手は、日本のバスケットボール漫画の名作「スラムダンク」に登場する「メガネ君」が、韓国では「メガネ先輩」と翻訳されていることに由来する。


その「メガネ先輩」こと金ウンジョンだが、平昌五輪後は紆余(うよ)曲折のカーリング人生を送ってきた。平昌五輪の余韻も冷めない同年10月、指導者一家のパワハラなどを告発。日本円で約1000万円にもなる国際大会の賞金ももらえず、暴言も吐かれたとした。



ゴタゴタもあり、しばらくは所属先を失うなど、韓国カーリング連盟からの支援も受けられなかった。そんなどん底で支えになったのは家族だった。


パワハラ告発の前の同年7月に結婚。19年5月には長男も誕生した。19年秋から選手として復帰。昨年11月には韓国代表に返り咲いた。


カーリング界では出産後もアスリートとして活躍する選手が多い。「メガネ先輩」こと金ウンジョンも関係者に「子供を産んでもプレーでき、子育てと両立できることを証明したい」と話しているという。



平昌五輪で日本代表のロコ・ソラーレと名勝負を繰り広げた韓国代表。平昌五輪から3年あまりの辛苦を乗り越えた「メガネ先輩」金もロコとともに、再び五輪の舞台に立つ。


なんだかんだで、3強が残りましたね。ドイツが予想以上に不調だったのは意外でした。ラトビアやトルコには驚きましたが、なんだかんだで残った3チームはさすが。メダル争いのライバルを1チームでも潰しておきたかったって意味では、ラトビアに来てほしかったなとは思う。カーリング界に国のあれこれは全く興味ないです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ