Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

シーズンが始まったわけでもなく、来季のJ1参入プレーオフ方式を巡って深夜の大混乱

 来シーズンに3年ぶりに実施されることが決まった、J1参入プレーオフの大会方式と試合方式をめぐってJリーグが前代未聞の大混乱に陥っている。



Jリーグは21日に開催した理事会で、主管する来シーズンの各大会における大会方式と試合方式を承認。新型コロナウイルス禍が考慮されて実施が見送られてきた、J1参入プレーオフを3年ぶりに復活させるとともに、決定戦に関しては90分間を終えて同点の場合は、15分ハーフの延長戦およびPK戦で決着をつけると発表した。


従来は1回戦および2回戦を勝ち上がったJ2クラブとJ1の16位が、後者のホームスタジアムで対戦する決定戦は90分を終えて引き分けた場合、J1勢が残留するレギュレーションとなっていた。しかし、徳島ヴォルティスと引き分けた湘南ベルマーレが残留した2019年大会後に、なぜ完全決着をつけないのかと異論や批判が殺到した。



今回の変更はファン・サポーターから歓迎されたが、理事会後に新規動画が投稿されたYouTubeのJリーグ公式チャンネル『JリーグTV』で、原博実副理事長が「私たちのミスだとわかった」と変更はないと明言。内容を確認した上で対応するとしたJリーグからアナウンスがないまま、日付が22日に変わる異例の事態が生じている。


数々のドラマを生みながら、新型コロナウイルス禍で2年にわたって実施が見送られてきたJ1参入プレーオフをめぐり、Jリーグが未曾有の大混乱に陥った。


オンライン形式で21日に開催された最高議決機関の理事会で、来たる2022シーズンにおける各カテゴリーのリーグ戦やYBCルヴァンカップの大会方式と試合方式を承認。大会のなかにはJ1参入プレーオフが3シーズンぶりに加わった。



大会方式は従来と変わってない。明治安田生命J2リーグで自動昇格を逃した3位から6位までの4クラブがたすき掛けで対戦。1回戦と2回戦を勝ち上がったクラブが同J1リーグ16位のクラブと、後者のホームスタジアムで対峙する。


そのなかで試合方式に、当初は変更が加えられた。従来は同点で90分間を終えた場合、1回戦および2回戦ではJ2の上位、決定戦ではJ1と成績上位クラブが優先されるレギュレーションが定められていた。今回は決定戦に限定される形で15分ハーフの延長戦を行い、それでも勝敗がつかないときにはPK戦で決着をつけると発表された。


しかし、理事会後のオンライン会見で様相が一変した。



決定戦のレギュレーションはどのような経緯で変更されたのかーーメディアの問いに対して、Jリーグの競技担当者が「そこについては以前と変わっていないと思うのですが、いまは正確に答えられませんので、ちょっと時間をいただければ」と返答した。


変更の有無が明言されないままオンライン会見は終わり、Jリーグのメディアチャンネル上には、J1参入プレーオフに関してこんなリリースが掲載された。


「<試合方式および勝敗の決定>につきまして、改めて確認が必要な事項がございました。すでに情報発信いただいた皆様には大変ご迷惑をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます」(原文ママ)



Jリーグから配信されたリリースを受けて、すでにJ1参入プレーオフ決定戦に延長戦とPK戦が導入されるとさまざまなメディアが報じ、ファン・サポーターから歓迎されていた。ただ、理事会終了から数時間後には状況が再び変わった。


Jリーグの原副理事長が、YouTubeのJリーグ公式チャンネル『JリーグTV』で公開された新規動画に出演。J1参入プレーオフに関して「謝らなければいけないことがあります」と切り出した上で、決定戦に関する発表で誤りがあったと認めた。


「理事会でいろいろなことを決めなければいけなかったなかで、決定戦の大会方式に関しては議論していません。そこでミスがあり、そういう(延長戦とPK戦という)表記がされたまま理事会を通った形になってしまった。混乱させてしまい申し訳ありません。みなさまにはあらためて丁寧に説明しなければいけないと考えています」



J1参入プレーオフ決定戦をめぐっては、J1の16位だった湘南とJ2の4位から勝ち上がってきた徳島が顔を合わせた2019シーズンに異論や批判が噴出した。


試合は前半にセットプレーから徳島が先制するも後半に湘南が追いつき、1-1のまま決着がつかずにタイムアップ。レギュレーションにより湘南の残留が決まった。


徳島のリカルド・ロドリゲス監督(現浦和レッズ監督)が、試合後の記者会見で「このシステムはJ2勢にとって不公平だ。再考した方がいい」と発言。これが波紋を広げていく形で、Jリーグに対して「完全決着をつけるべきだ」との声が殺到した。



試合会場がJ1クラブのホームスタジアムと定められていた点も、不公平論争にさらに拍車をかけた。議論百出の状況を考慮したJリーグは、昨シーズンのJ1参入プレーオフに関して「決定戦の試合方式については調整中」と注釈をつけていた。


迎えた昨シーズン。新型コロナウイルス禍でJリーグはJ1参入プレーオフの中止を決め、今シーズンも同じ措置が取られた。この間に理事会では「一発勝負である以上は、延長戦までは実施した方がいい」という声が上がった。対してPK戦に対しては消極的な意見が多かったと、原副理事長が明かしたことがある。


「タイトルがかかった試合ならばともかく、次のシーズンをJ1で戦うチームを決める上でPK戦はどうなのかと。中立地での開催をあらかじめ決めておいて、新国立競技場を使えるのであればそこで、という案もあるとは思っています」


実はJリーグは2019シーズンに、J1参入プレーオフのレギュレーションの一部を変えている。外国籍選手の登録人数が無制限となったなかで、それぞれの公式戦でベンチ入りおよびプレーできる上限をJ1で「5」に、J2とJ3では「4」に定めた。これがJ1参入プレーオフ決定戦に限っては、J2の上限である「4」に合わせられた。


試合結果を左右するケースが多い外国籍選手の上限をJ2に合わせることで、戦力間の格差を可能な限り埋めたと原副理事長が説明してくれたことがある。


「戦力のバランスを上手く取りながら、それでも90分間で引き分けならばJ1クラブの残留となる。最終的に決まるまでに、かなりすったもんだしましたけどね」


今回の件にかんしてJリーグは「内容の確認が取れ次第、改めてプレスリリースにてお知らせいたします」としていたが、日付が22日に変わった時点で具体的な動きはない。誤った情報が発信された理由をめぐって、Jリーグ内が大混乱に陥っている状況が伝わってくる。


カタールワールドカップが11月21日に開幕する来シーズンは、J1およびJ2リーグ戦は2月19日に開幕。34試合を戦う前者は11月5日に、42試合を戦う後者は10月23日に最終節を迎え、YBCルヴァンカップと天皇杯も10月中に決勝が行われる。


その上でJ1参入プレーオフは10月30日に1回戦を、11月6日に2回戦を実施。過密日程下で開催されるシーズンの最後を締めくくる形で、同13日に組まれている決定戦の大会方式と試合方式が、図らずも注目される事態が再び生じている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ