Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

アイスダンス村元哉中・高橋大輔組が五輪落選…「木下サマサマ」の実状ki

 公平な選考だった、はずだ。



フィギュアスケートアイスダンスで北京五輪代表に選ばれたのは小松原美里(29歳)・尊(30歳)組(倉敷FSC)。村元哉中(28歳)・高橋大輔(35歳)組(関大KFSC)は落選した。


この2組は選考基準で4項目中2つずつを分ける互角の戦いを見せた。項目で五分となった場合、最終的には「総合的に判断」と曖昧な表現で含みを持たせている。今回、小松原組が選ばれると、周囲ではこんな声すら出たという。


「木下グループの一極集中を避けようとしたのではないか」



「木下グループ」といえば今、フィギュア界で飛ぶ鳥を落とす勢いの企業。本社の業務は住宅事業や介護業など幅広い。スポーツでいえば、卓球やスケートボードでのスポンサー事業が目覚ましく、フィギュアもここ数年で急激に勢力を拡大してきた。フィギュアのリンク内に張られた広告が「木下グループ」の文字で埋め尽くされていることも珍しくない。


フィギュアは所属人数こそ少ないが、宮原知子や米国代表のビンセント・ジョウらトップ選手ばかりで“高打率”を叩き出している。しかも昨年、「木下アカデミー」というフィギュア選手養成所を設立。こちらも少数精鋭での育成だが、GMに紀平梨花の指導者である浜田美栄コーチを起用している。



「浜田コーチは紀平選手の所属していた関大KFSCの人間だが、木下グループとは蜜月関係。ジョウ選手の契約を斡旋したともいわれている。浜田組と木下グループの一大勢力は北京代表でも席巻。シングルの河辺愛菜、ペアの三浦璃来・木原龍一組は木下所属。アイスダンスの村元・高橋組が関大KFSCの所属で“系列”のため、所属の偏りに配慮したのでは、という噂も立ったほど。そんなやっかみが出るほど、スケート連盟は木下サマサマなのです」とはスケート関係者だ。


々フィギュア界は派閥がある競技ですから、山田先生の時代から、浜田さんに勢力図が変わっただけの事。


フィギュア界は色々あるから、選手が最高の環境と素晴らしい成績が残せるように尽力して頂きたいとかく権力や地位を持っている人は勘違いしやすいが、選手を第一に考えもらいたいものです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ