Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

される約7分間の録音データを!八百長みたいな話はRIZIN史上初めて起こったこと…朝倉未来がシバターと久保優太を断罪

 人気ユーチューバーの朝倉未来(トライフォース赤坂)が6日、自身のYouTubeチャンネルを更新。昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での“八百長疑惑”と騒動について言及した。



人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)に、元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太が1回1分34秒で一本負けを喫し、大会の翌日に久保が「嘘をつく人生は嫌だな。正直者が馬鹿を見るのか。騙されるより騙される方がいいのか」などとツイッターに投稿。さらに、両者のLINEのやり取りとみられる画像がネットに流出し、疑惑が浮上した。


未来は今回の経緯を説明し、「八百長みたいな話はRIZIN史上初めて起こったこと」としたうえで、「他の試合が八百長だって言ってる人は見る目がないなって」とコメント。そして「全ての出来事を見て思ったことはシバターの作戦勝ちかなって、勝負の世界においては、思いました」と私見を述べた。


シバターについて「その行為は本当にクズであってはいけないんですけど、シバターってもともとクズなので、それを売りにしている人なので」としたうえで、「そこを見抜けなかった久保選手が悪いし、久保選手も受けてしまったって言うのは良くないと思う」と自身の考えを述べた。さらに「そもそも当初の作戦を急に変更してきても負けないよねっていう」と語り、「シンプルに久保選手が純粋すぎた、優しすぎた」と振り返った。


そして再度「世間の人が何と言ってもシバターにとっては何もきかないので。そういう人間なのでシバターって。無敵なんですよ。もめるだけ損というか。これで興味が湧いてシバターの再生数が増えて美味しいぐらいなので、今回は本当にシバターの作戦勝ちかなって印象」と述べた。


久保選手との対談も考えていたというが「録音とかを流出させたのが久保選手っていうことなんで、なんかそれって違うのかなと思いまして対談は辞めさせていただきました」とコメント。「世間に出すというのはどんな影響があるかということをわかっていたにもかかわらず自分の汚名返上のために出したと思うんですよね。ちょっとダサいなって正直思いました」と久保に対しても苦言を呈した。


今回の疑惑に関して「凄い迷惑をかけていると思うシバターと久保選手って。なんか冒涜というか本気でやっている格闘技選手たちに対して」と語り、「今回の件はねライジンがしっかりとした措置を二人に対して取っていただきたいなと思っています」と主催側に求めた。


また自身がシバターと久保を推薦したことについて「久保選手もシバターも僕が推薦した選手なのでそこはこんな形になってしまったので責任を感じています」とコメント。「二人とも格闘技を盛り上げてもらえる存在だなと思って推薦したんですけど今回このようなことになってしまったので本当に申し訳なく思っています」と頭を下げた。


新展開!RIZIN「組織ぐるみの八百長疑惑」浮上で懸念されるスポンサー離れ


暴露系YouTuberとして知られるコレコレ氏が5日、久保、シバターの両氏が電話で交わしたとされる約7分間の録音データを公開。興行を主催した「RIZIN」側が今回の「八百長」を容認していた疑惑が浮上したからだ。


公開された録音データの詳細な中身は省くとして、格闘技ファンらが注目したのが、音声の中で、八百長の台本とみられるものを<作っていいですか>などと事前に相談した相手の名前にRIZIN関係者の実名があったことだ。


久保は4日に公開した動画で「今回に関してRIZINは関係なく、自分とシバターさんの間であったこと」と説明していたが、録音データの中身が「事実」であれば「主催者ぐるみ」の可能性が強まってくる。


1900年代初頭の米国では、プロレス興行にあたり、プロモーターとレスラーらがグルになって台本を作る「八百長プロレス」が横行し、問題視されたが、RIZINも同様の構図となれば当然、<他の試合はどうなのか>という疑問が出てくるのも時間の問題。RIZINは6日午後3時時点で、公式コメントを公表していないが、このままだと、ファンの怒りが収まるどころか、スポンサー離れの動きも出てくるかもしれない。


日本の格闘技ファンも今回の「場外乱闘」の結末に注目している。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ