Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ロシアは日本の外交官8人を追放…プーチン大統領、核使用を警告

 ロシア外務省は27日、ロシアに駐在する日本人外交官8人を国外追放すると発表した。ロシアのウクライナ侵攻に抗議して在日ロシア大使館の外交官らの国外追放を決めた日本側への報復措置。日ロ関係の一層の悪化は避けられない情勢となった。


発表によると、27日にモスクワで在ロシア日本大使館の代表者を呼び8人の国外追放を通告。5月10日までの出国を要求した。


ロシア外務省は、岸田政権がウクライナでの軍事作戦に関し、欧米に同調してロシアに対する中傷を拡散していると主張。あからさまに反ロシア的政策を取り、長年積み上げられてきた両国の協力関係を破壊していると批判した。


ロシアが日本の外交官8人を追放したという。これは、岸田政権が4月20日に追放したロシア大使館の外交官と同数であり、外交上の報復措置である。


この報復措置が、日本側が行った措置と同数であり、それ以上でもそれ以下でもない対応であるということに注意するべきである。つまり外交関係上は、ロシアはこうした岸田政権の措置に対して、それに対して応分の措置を行うことができるという慣例に従っている。そこでこの措置は外交上の慣例から逸脱するものではない。


つまり、ロシア側は事態を悪化させようとすれば、外交上の慣例を破って、より多くの日本大使館の外交官を国外追放することもできたはずである。にもかかわらずそれを行わず、最低限の岸田政権が行った措置に対して返すにとどめた。ここにロシア側のメッセージを読むこともできるだろう。



つまりロシアは対日関係をこれ以上悪化させようとは現時点では考えていないと読めるかもしれない。


一方、プーチン大統領、核使用を警告 軍事支援強化の欧米けん制


ロシアのプーチン大統領は27日、侵攻したウクライナでの軍事作戦に関し、第三国がロシアに戦略的脅威を与えようとした場合は「電撃的で素早い対抗措置を取る」と述べて核兵器の使用を辞さない姿勢を示し、ウクライナへの軍事支援を強化する欧米に警告した。ロシア北西部サンクトペテルブルクでの議会関係者との会合で演説した。


2014年に強制編入したクリミア半島の主権をウクライナが認めない限り停戦には応じない姿勢を改めて強調。東部ドンバス地域の親ロ派支配地域とクリミアの安全確保は「必ず達成される」と述べた。


プーチン大統領が核の脅しをぐっと強めている。通常兵器を使ったウクライナとの戦闘が思うように進んでいないことへの焦りや、西側諸国のウクライナへの軍事支援強化を止めさせる警告の狙いがあるとみられる。今のロシアには核戦力を誇示する以外に有効な手立てがないことの裏返しでもある。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ