Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

偽富士山グラスの発送元を追跡!「香港企業」の説明は1

 通販サイトがツイッターで宣伝していた商品を購入したら、粗悪品や偽物が届いたー。インターネット交流サイト(SNS)でこんな投稿が相次いでいる。商品は洋服や雑貨、電化製品などさまざまで、注文先のサイトも別々。



◆暗転した「富士山の日」


「ツイッターを見て『富士山グラス』を買ったが、偽物ではないか」。東京都江戸川区にある伝統工芸品、江戸硝子(がらす)の窯元「田島硝子」には、2022年2月23日の「富士山の日」を境に、こうした問い合わせが殺到するようになった。3代目社長の田島大輔さんがツイッター上を調べると、複数の通販サイトが「工場が倒産してしまったため、在庫一掃セール進行中です」などとする虚偽の宣伝ツイートを拡散していることが判明。どのサイトとも一切取引がないのに、商品ページには正規品の写真や本社工場で働く従業員の動画などが掲載されていた。


富士山型に盛り上がった底部が注いだ飲み物の色に染まる富士山グラスは、国内外で約60万個を売り上げた田島硝子の大ヒット商品だ。これまでも偽物が出回ったことはあったが、田島社長は「うその宣伝までして偽物を売るなんて、ここまで悪質な手口は初めて。怒ってうちに電話をかけてくる被害者も多く、対応で業務に支障が出ている」とため息をついた。


◆記者が購入、届いたものは…


粗悪品通販の実態を調べるため、記者は不審な通販サイトの一つを通じ、事前に「富士山グラス」を購入していた。本物の富士山グラスは通常7000円前後だが、このサイトでは3990円。複数購入すればさらに値引きすると書かれており、レビュー欄には日本人らしき名前で「きれいなグラスです」「本当に使い勝手がいいです」などと高く評価するコメントが並んでいた。


3月11日に購入手続きを済ませたが、サイト側からはしばらく連絡がなく、ようやく小包が到着したのは4月4日。小さな段ボール箱を開けると、中に入っていたのは緩衝材のシートに直接包まれたグラスだけだった。本物は木箱に納められており、田島硝子の証明書や商品説明のしおりなども同封されているはずだが、小包の中には、証明書どころか業者名や問い合わせ先を記載した納品書すら入っていなかった。


届いたグラスは飲み口が分厚く、底部の富士山の部分に欠けがあるなど、本物と並べると違いは明らか。手に取った田島社長は明かりに透かすように眺め、「溶かしたガラスを型に流し込んで作った時に生じる独特の『ぎらつき』がある。サイト上では職人の手作りとうたっているが、機械を使った大量生産品だろう。原価はせいぜい数十円程度だと思う」と話した。


 ◆「1000円なら返金」


SNS上では、このサイトに限らず、ツイッターやインスタグラム、ユーチューブなどで宣伝していた通販サイトから「粗悪品が届いた」とする投稿が多数確認できる。


埼玉県内に住む自営業の30代女性は5880円のコートを購入した。ツイッターで見た広告写真には高級感があったが、届いたのは、ほつれが目立ち、とても外で着れないような品質のもの。サイトには返品無料と書かれていたものの、メールを送ると「1000円なら返金する」とたどたどしい日本語で返信があったという。最終的に2000円を取り戻すことができたが、女性は「実質的には泣き寝入り。宣伝を許しているSNS側にも責任があるのではないか」と憤った。


群馬県の30代男性は、型枠工の現場作業で使う安全靴を2足注文したが、届いたのは「ぺしゃんこのサンダルのようなもの」。触ると塗料が手に付くほどで、サイト側に返金を求めると、「2000円なら返す」と返答があった。粘り強く交渉すると、中国人らしき名義の個人口座から全額が振り込まれたが、男性は「他にも被害者はたくさんいるのでは。詐欺業者として逮捕されないと納得がいかない」と不満をあらわにした。


◆「会社概要」に共通点


粗悪品報告のあった通販サイトはそれぞれ名前やデザインが異なり、一見、別々のサイトに見える。だが、サイトの特徴を詳しく調べると、類似点がいくつも見つかった。


(1)サイト名は意味のないアルファベットの羅列(2)大幅な値引き価格が掲げられ、複数購入するとさらに安くなる(3)「×××が○分前に購入」「残り○点」などのメッセージが頻繁に表示される(4)口コミ欄には日本人らしき名前で高評価のコメントばかり並んでいる(5)文章の一部に中国語で使われる簡体字やフォントが混じっている(6)SNSなどで宣伝された後、短期間でサイトにアクセスできなくなることが多いーなどだ。


記者が着目したのは、商品ページにリンクされている「会社概要」や「利用規約」の文章がどのサイトも似通っており、一部のサイトでは問い合わせ先のメールアドレスまで同じだったことだ。


会社概要には「流行のアイテムが何でも手に入るファストファッション通販サイト」「プロなEコマースチーム」「顧客起点で品質を追求」といった独特のフレーズが使われており、大手検索サイトでこうしたフレーズを検索すると、既に閉鎖された通販サイトが大量に表示される。


また、サイトの設計書に当たる「ソースファイル」を調べたところ、「×××が○分前に購入」「残り○点」といったメッセージは、あらかじめ用意された文章が順番に表示される仕組みだったことも分かった。


◆偽富士山グラスの発送元を追跡


サイトと宣伝用のSNSアカウントを頻繁に変えれば、被害者が悪質サイトだと指摘したり、SNS運営側が広告を排除したりすることは難しくなる。「中国語圏の悪質業者が適当な名前でサイトを大量に立ち上げ、粗悪品を売り付けては別のサイトに乗り換えることを繰り返しているのではないか」。記者はこうした想定を基に、業者を追跡することにした。


まず、メールやLINEを通じてサイト運営者への接触を試みた。問い合わせ先にメールを送るとLINEでやりとりするよう促され、LINEには日本人名のアカウントから不自然な日本語で返信があった。記者が企業名や所在地を尋ねても、「何かご質問がありますか」とはぐらかすばかり。偽グラスが届いたことを問いただすと、返信は途絶えた。


段ボール箱に張り付けられた届け先のシールには、返品時の連絡先としてフリーダイヤル番号が書かれていたが、何度電話しても「現在電話が大変つながりにくい状況となっております」との固定メッセージが繰り返し流れるだけ。宅配業者に発送元を問い合わせたところ、千葉・成田空港を経由してアジア圏から空輸されていたことまでは分かったが、「集荷された国や場所までは特定できない」と回答があった。


◆コールセンター「月200万~300万で」


記者はウェブ上に残された痕跡などを基に、シールに記載されたフリーダイヤルが大阪市内にある賃貸オフィスビル一室につながることを突き止めた。この部屋にはコールセンター事業を営む日本企業が入居している。取材の趣旨を伝え、責任者からの折り返しを待つと、10分ほどで「社長」を名乗る男性から記者の携帯電話に連絡があった。男性は「日本向けに通販事業をしている香港企業の依頼で、2020年5月から商品の返品・返金業務を代行している」と説明。香港企業からは「月200万~300万円を受け取っている」という。


虚偽の通販サイトやSNS広告について尋ねると、「うちの会社は関わっていない。間に入った代理店が勝手にやっているのではないか」と話した。偽の富士山グラスが販売されていたことについては「その件は社内でも問題になり、香港企業側に今後こうした偽物を販売しないよう念を押した」と語った。


返金を諦めることを見越して粗悪品を送り付ける詐欺的商法なのではないか。さらに追及すると、男性は「商品の販売には関わっていない。うちが間に入ったから返金でき、救済できたお客さんもいる」と反論。月間5000件以上の電話に9人のオペレーターで対応しているとし、「電話がつながりにくいのは申し訳ないが、つながらないと詐欺になるわけではない」とも話した。


◆「香港企業」の説明は


この香港企業のサイトには、香港・九龍半島のデパートに入居しているとする登記情報が掲載されていたが、デパート側に問い合わせると「そうしたテナントは入っていない」という。


中国語が話せる元特派員の協力を得て「香港企業」側にも取材した。副社長を名乗る中国人男性は電話口で「中国企業から仕入れた商品を日本人向けに販売しているが『富士山グラス』が日本のブランド品とは知らずに売ってしまった。苦情が殺到したと聞き、すぐに販売は取りやめた」などと説明。「新型コロナ禍のため、現在は中国にいる」と話した。


記者が購入した通販サイトについては「私の友人がやっているもので、うちの企業とは関係ない」と主張し、似たようなサイトが多数存在する理由を問うと「別の業者がまねしているのではないか」と述べた。


SNSのリスティング広告を悪用しての詐欺の被害が多発しています。百貨店や大手ショッピングサイト偽り閉店につき在庫一掃セール中などと言う文句で80%引きなど破格の値段で興味を引きつけます。


中には高級ブランドを装う広告もあります。その様なブランドが80%割引などする事はなくほぼ詐欺です。クレジットカード情報を入力して個人情報を搾取されたり、または入金しても商品が届かないと言うことも起こっています。


大幅な値引きをしているサイトや閉店セールなど書いてるサイトは偽物の可能性も高いので気をつけてください。また、決済がクレジットカードのみのサイトも詐欺が多いです。信頼出来るSNSの広告でもその内容が真実ではない場合もありますので慎重に見極めてください。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ