Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ドネツ川の渡河作戦を再実行するも大失敗でロシア軍が1個大隊戦術群を喪失した(700~800人)

 露軍はここ数週間、セベロドネツクやリシチャンスクに攻勢を継続。ただ、米英の国防当局は露軍がわずかな前進にとどまっていると分析している。



ウクライナ軍は21日、東部ドンバス地域(ルガンスク州とドネツク州)の40以上の集落が露軍の攻撃を受け、一方、ドネツ川で再び露軍の渡河作戦を失敗させ、少なくとも1個大隊戦術群(700~800人)に相当する戦力を喪失させたと発表した。


ドネツ川では露軍が今月中旬にも渡河作戦を行ったが、ウクライナ軍が撃退。英国防省によると、この際にも露軍は1個大隊戦術群に相当する損害を受けた。


本当にロシアは人海戦術に頼る事以外の方法を知らないというか、その人海戦術に使う兵士すら足りなくなり始めているでしょ。


兵士の訓練を受けた事が無い一般人さえも徴兵し始めている時点でロシアの苦しい台所事情が簡単に予想が出来るわな。


さらに、通勤途中のサラリーマンをロシア軍が拉致してそのまま前線に送り込んでいる模様、同様の境遇の人がドネツク州に多数。


ウクライナ軍の反転攻勢でロシア軍で兵士の不足も伝えられているなか、ウクライナの当局はロシアが不足する兵士を補うために障害者を戦場に送り込んでいると伝えました。


捕虜になったロシア兵:「私は身体障害者です。私は視力が悪く、幼いころから片目しか見えない」


身体障害者だという男性は、なぜ兵士になったのでしょうか…。


捕虜になったロシア兵:「いつも通り仕事に出掛けたら突然、軍の担当者が来て身分証明書を見せるように言われた。そこで『徴兵する』と言われた。バスに乗るように指示され、軍服とヘルメットをもらえたが防護服は一切もらえていない」


さらに、戦地のウクライナに来てから驚かされたことがあったといいます。


捕虜になったロシア兵:「(ドネツク州)ノボアゾフスクでまひなどの他の障害を持つ人をたくさん見た。全員、徴兵されて来た。私は怖くて地下室に避難していた。ウクライナ軍を見て無抵抗で捕虜になることを決めた」「私は頭蓋骨のけがをしていて、脳の動きに問題がある」


イギリス国防省によりますと、ロシア軍の死者数は約1万5000人に上るとしています。



Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ