Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

金正恩氏の観光特区建設で外壁崩落やひび割れ続出…正恩氏肝いり豪華観光特区から若者が続々逃亡ki

 金正恩氏が直々に建設を命じた北部の両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)の観光特区で、昨年建設した新しい建物の外壁が崩れるなど問題が多発していると、両江道に住む取材協力者が4月中旬に伝えてきた。



三池淵は観光名所の白頭山(ヘクトゥサン)の麓に位置し、中国とも近い。開発に熱を上げる金正恩氏は、現地視察を繰り返して工事を急がせ、2019年12月にいったん竣工。中国からの観光客を当て込み外貨収入を得ようという目論見であった。


ところが、新型コロナウイルスのパンデミックによって、中国からの観光客の受け入れは完全にストップしてしまった。それでも金正恩氏の直接指示による最優先建設プロジェクトであったため、追加工事が続いていた。


「この冬は寒波が厳しく、セメントの乾燥が不十分なままにして水分が凍結してしまい、春になった今、それが溶け出してひび割れしたり、外壁が剥がれ落ちたりする建物が続出している。屋内でも洗面所のタイルが浮いてしまっているそうだ。行政機関では、無条件に計画通りに補修せよと命令を出して、都市建設を担う人員を補修工事に投入し、将来、観光客が来ても壊れた痕跡が見えないようにしろと指示を出したそうだ」


しかし不良施工が多過ぎて人手が足らず、あちこちの職場から人員を選抜して対処することになったという。


正恩氏肝いり豪華観光特区から若者が続々逃亡。何が起こっているのか?


2016年11月、金正恩氏は北朝鮮最北端の両江道(リャンガンド)の三池淵(サムジヨン)郡に、突然「山間文化都市」建設を命じた。


三池淵は白頭山麓に位置し、政権が「革命の聖地」を標榜してきた場所だ。2018年9月に北朝鮮を訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、この三池淵を経て金正恩氏と白頭山頂に立っている。


三池淵開発に熱を上げる金正恩氏は、度々現地を訪れて工事を突貫で急がせ、2019年12月に竣工した。中国からの観光客を当て込み外貨収入を得ようという目論見であった。


北朝鮮当局は、三池淵中心部の粗末な家をすべて解体してアパートや病院を新築し、新住民として多くの若者を配置、郡から市に昇格させた。だが今、その若者たちが競うように三池淵から離脱しているという。


――なぜ若者が三池淵から離脱しているのか


「こちらでは『(中国国家主席の)習近平が1億人の観光客を送ってやると言った』と言われていて、観光都市になって収入が増えると期待したのに、コロナで中国から観光客が1人も来ない。青年を集団進出させたが、山奥の暮しが辛くて適応できないのだ。」


――三池淵にはオール電化の立派なアパートが建てられ、電気供給も他所より格段に良いというが?


「確かに病院も新設され、電気も1日に15時間以上来ているが、観光客が来なくて当てが外れ収入もない。ジャガイモの産地だから配給はジャガイモばかり。商売もできず、コロナがいつ終わるか見通せず諦める人が多い」


――商売ができないとは?


「三池淵ではそもそも市場が許されていないのだ。市場は閉鎖されて、国営や協同組合の商店だけが運営している」

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ