Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

華原朋美が「私もダマされて籍入れてバカみたい」!弁護士を立てて、夫とは話し合っている最中というto

 

歌手の華原朋美(47歳)が14日、自身のユーチューブチャンネルを更新し、夫の離婚歴、隠し子報道などについて語った。


華原は2019年8月に未婚で長男を出産。昨年8月にマネジメントを手掛ける事務所の代表で専属マネジャーの男性と結婚した。


そんななか、今月10日に文春オンラインが夫に結婚・離婚歴があり、さらに前妻との間に3人の子どもがいることなどを報じた。信じ難い内容に華原は自ら記者に電話し「(夫に)子供はひとりもいません。いままで結婚したこともありません。ど~ぞ調べてください」と捨て台詞。ところが、ここ数日で状況は一変していた。


カメラの前に現れた華原は明らかにやつれた様子。文春報道が事実であることを認めた上で「彼のことを好きになって去年の8月17日にプロポーズされて結婚しました。その時、彼からは結婚歴、離婚歴、隠し子について『そういうことは全くない』と聞いていました。もし、3つあったのならば、私は結婚しませんでした。なぜならば、私にはかわいい子どもがいるからです」と吐露。


夫は華原に自身の戸籍謄本を見せ〝潔白〟を主張したそうだが、のちにウソであることが判明。華原は「子どものこと考えたら、こういう裏切りは許せない」と憤るのと同時に、夫が日常的にウソを重ねていたことを暴露した。


「日々仕事する中でもウソが多い。子どものことも『隠してたの?』と聞いたら『隠してた』と。彼のウソは有名な話で、私もダマされて籍入れちゃって、バカみたいだなといま思ってます。スタッフと家に集まって『どうしてウソつくの?』と話し合ったこともありました」


文春によると、20年以上前に前妻とは離婚しているが、3人の子どもに対し養育費は支払っていないという。これにも怒り心頭の華原は「憎たらしい。本当に(前妻は)かわいそう。苦しかったと思います。養育費もらわず、3人の子ども育てるのは大変だったんじゃないかなと思います。彼は(前妻に)謝って、養育費を払うべきです」と断じた。


相当滅入っている様子の華原は夫との〝今後〟にも言及。


「私も離婚するか、今後も家族としていくのか…わかりません。何が一番大切かと言えば、奇跡的に生まれてきてくれた子ども。息子がすごく大切ですから、息子が傷つくことをさせたくない。息子のこと考えると、結局隠し子がいるということは、その子どもとうちの息子がつながってしまうことになるので、それはちょっと私は心が重くて…。そんなことはできないと思ってしまう」


動画撮影時、自宅に夫は不在。華原によれば、弁護士を立てて、夫とは話し合っている最中という。


最後に華原は「私は子どもを守り続けます。これからもお仕事を頑張ってやっていきたい。そういう人(夫)と一緒にいれるか、いま自分の胸に問い質しています。とにかく、自分がしっかりして息子を守っていくことは続けていきます」と述べた。一体どうなってしまうのか。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ