Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国のソ・ウク国防部長官が勇ましいことを言い出した「北朝鮮のミサイル発射兆候が明確なら攻撃も可能」u

 国防部によると、徐氏はミサイル戦略司令部の改編式で、「軍は射程と正確度、威力が大幅に向上した多量・多種のミサイルを保有し、北のいかなる標的も正確かつ迅速に打撃できる能力を備えている」として、「特に、ミサイル発射兆候が明確である場合は発射点と指揮・支援施設を打撃できる能力と態勢も備えている」と強調した。



ミサイル発射の兆候がある場合、発射地点を攻撃する態勢は核・大量破壊兵器(WMD)対応体系を構成する「戦略的打撃体系」の一環。戦略的打撃体系は過去の保守系政権で推進された北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃する「キルチェーン」と北朝鮮から攻撃された場合に指導部などに報復攻撃を行う大量反撃報復(KMPR)を含むが、文在寅(ムン・ジェイン)政権に入り、国防部長官が公に言及するのは異例だ。


また、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)両政権で進められた北朝鮮の核・ミサイル脅威に対抗する防衛・反撃システム「3軸体系」を再構築する方針を示しており、強硬路線への転換を予告する発言ともみられる。3軸体系はキルチェーン、発射されたミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)、KMPRの戦力を備える戦力増強計画だ。尹氏は選挙戦で「キルチェーンと呼ばれる先制打撃能力を確保する」と述べていた。


徐氏はミサイル防衛司令部の改編式では「空中と宇宙で先端化・高度化しているさまざまなミサイル脅威に対する軍の監視と防衛能力を強化する転換点になる」として、「北が保有していない高度化したミサイル防衛体系をさらに発展させていく」と述べた。


ミサイル戦略司令部はミサイル攻撃部隊のミサイル司令部から、ミサイル防衛司令部はミサイル防衛部隊の防空誘導弾司令部からそれぞれ名称が変更され、組織改編と戦力増強が行われた。徐氏は「北の変化するミサイル脅威に圧倒的に対応可能な能力を整えるよう積極的に支援する」として、両司令部に対し、緊密に連携して敵のいかなるミサイル脅威にも即時に対応できる態勢を維持するよう指示した。


なにやら韓国のソ・ウク国防部長官(防衛大臣に相当)が勇ましいことを言い出したのですが。


北朝鮮のミサイル発射傾向が明らかなら、発射地点と指揮支援施設を打撃できる、とか言ったとのこと。


ま、「できると言っただけでやるとは言っていない」というオチでまで間違いないでしょうけどもね(先回り)。


北朝鮮の動きに対してムン・ジェイン政権からここまでの声が出たのは5年間ではじめてなので珍しいといえば珍しい。


残り任期1ヶ月と10日ほどですが。


ただ、そもそも大半のミサイルが機動能力のある起立発射機で発射されるのに、どうやって発射地点を特定して打撃するつもりなのやら。


ま、これは日本政府の「敵基地攻撃能力獲得」においても同じことなのですけども。


北朝鮮のミサイル挑発をダシにして対中装備を獲得しようとしてますからね。


個人的には予算獲得のためなら、ありのやりかただとは思いますが。


先日発射されたICBMは火星17ではなく火星15であるともされていますが。


どちらにせよICBMを発射したことに代わりがあるというわけでもなく。  さらにはプンゲリでの核実験も間近だとされています。


問題は実際に核実験があった際、アメリカはどう対応するのか。


機能不全に陥っている国連はなにか対応ができるのか。


というか、北朝鮮もそうした隙を好機と見ているのでしょうけどね。


世界は本当に何十年かに一度の変革期を世界は迎えています。


日本としてはここからの10年ほどをなんとか凌いで、それなりの影響力を保持したままで21世紀中盤を迎えたいところなのですが。


え、韓国?


ああ、韓国さんも国際的な地位を高めるよう、がんばってください。はい。


ちなみに前外交部長官だったカン・ギョンファ氏はILO、国際労働機関の事務総長選挙に挑戦したのですが、56票中2票という得票で落選しました。


Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ