Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本を超えるという韓国の夢は崩壊した…! 国際収支に見る赤信号!財政に続いて経常収支も赤信号k

 どの国でもそうですが、外貨準備高が減少してくると危なくなります。理由は簡単で、鎖国しているならいざ知らず、輸入代金の決済ができるのかどうか怪しくなってくるからです。



韓国の外貨準備高は減少してきています。もちろん表面的には「4,600億ドル近辺の外貨準備高がある」ということになっています。


しかし、韓国は、外貨準備高が4,000億ドルあったはずの2020年03月にドボン寸前になった国です。


このときはアメリカ合衆国『FRB』(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)が緊急で締結したドル流動性スワップ(韓国側呼称は「通貨スワップ」)によって救われました。


外貨準備高が減少してくると、韓国という国は慌てだします。


国際収支統計には「外貨準備高の増減」という項目があります。2022年06月10日に、『韓国銀行』が公表した2022年04月の国際収支統計を見ると、2021年11月から外貨準備高が減少傾向にあることが分かります。


2021年11月から2022年04月を累計すると「-95億3,470万ドル」(約-1兆2,783億円)にもなります。国際収支統計はフローを示しているので、6カ月で約1.3兆円もの外貨が抜けたことになります。


以前にもご紹介しましたが、韓国はこのように外貨準備高の増減が連続してマイナスを記録しだすと危ないのです。韓国経済に警告灯がともっていることは、このように国際収支統計の数字も証明しています。


毎月月初に公開する外貨準備高をご紹介していますが、国際収支統計の方も見ておく必要があります。なぜかというと、『韓国銀行』が毎月月初に公開する外貨準備高に表れる増減額と国際収支統計の増減額がまるで合わないからです。


なぜ合わないのかは置くとしても、どちらのデータでも韓国の外貨準備高が減少していることは確かです。危なくなってきたのは間違いありません。


韓国、財政に続いて経常収支も赤信号


インフレーション(物価上昇)とウクライナ情勢が長期化している中、韓国の主要マクロ健全性指標に赤信号がついている。黒字基調を続けてきた経常収支が24カ月ぶりに赤字に転換し、一時的とはいえ財政赤字と共に「双子の赤字」局面を迎えた。韓国が最後に「双子の赤字」となったのは通貨危機当時の1997年だった。


韓国銀行(韓銀)が10日に発表した国際収支暫定統計によると、4月の経常収支は8000万ドル(約1005億ウォン、105億円)の赤字となった。原油価格の急騰による輸入原材料価格上昇で商品収支の黒字が減少したうえ、4月の外国人配当金支払い拡大で本源所得収支が赤字になったためというのが韓銀の分析だ。経常赤字は24カ月ぶり。


商品収支の黒字が前年同月比20億ドル減の29億5000万ドルにとどまり、本源所得収支は32億5000万ドルの赤字となった。本源所得収支は国内企業の年末決算配当金支払いが集中する4月になれば赤字に転換する季節性を帯びる。


韓銀のキム・ヨンファン金融統計部長は「運送収支などでサービス収支の黒字基調は続くとみられ、4月の配当要因も緩和されるため、5月には経常収支が黒字に戻る可能性が高い」と述べた。4月の経常赤字は季節的要因による一時的な現象ということだ。


しかし経常収支に占める比率が大きい商品収支の黒字減少幅が大きく、安心はできない状況だ。エネルギー価格急騰などで輸入増加が輸出増加を上回っている。4月の商品収支黒字は前年同月比20億ドル減の29億5000万ドルだった。輸出(589億3000万ドル)は半導体・石油製品などの好調で11.2%増えたが、輸入(559億8000万ドル)増加幅が16.5%で輸入を上回った。商品収支と連動する貿易収支は1月に赤字となり、2月と3月には黒字に戻ったが、4月からまた赤字に転じた。5月の赤字規模は17億1000万ドルだった。貿易赤字の拡大は結果的に経常収支の悪化につながる。


韓銀が今年の年間経常収支を500億ドルの黒字と楽観しているが、貿易赤字が拡大すればどうなるか分からない。新型コロナ防疫の緩和で海外旅行が急増し、旅行収支の赤字規模が拡大するという見通しも経常収支を悪化させる要因だ。


財政収支は赤字から抜け出せずにいる。新型コロナ事態の中で財政出動による景気浮揚政策を続け、財政赤字基調が固まった状況だ。総収入から総支出を差し引いた統合財政収支は2019年に赤字に転換し、今年まで4年連続の赤字が予想される。最近は税収が増えているが、支出がさらに大幅に増えているからだ。今年1-3月期の国税収入など総収入は170兆4000億ウォンだが、総支出は203兆5000億ウォンにのぼる。これを受け、1-3月期の統合財政収支も33兆1000億ウォンの赤字となった。今年の年間統合財政赤字は70兆4000億ウォンと予想される。


以下は、読者がこれを見たときのコメントです。


誰かは「数十年前から言われている事ですが、韓国のGDPに占める輸出依存は大きなリスク。


せめて、純粋な内需がGDPの50%になれば、そこそこ、海外からの投資も活発になり、国内で回る資産も増えるはず。


一方、文在寅政権の不動産政策の失敗により、中国資本によって不動産が買い叩かれて、賃料収入が中国へ流れている実態もある。」と言った。 


別の人 は「韓国の場合、外貨準備高の91~92%は海外債権ですからね。


現金の保有率は低く約3%。あとはIMFの引き出し権等。日本は債権81%、現金10%程度。


債権を担保に外貨を借りることも出来ますが、時間が掛かるのと結構な利息を取られる。


債権自身も確かどの国の債権かはちゃんと公表してなかったのではないかな。。。」と言った。


別の人 は「韓国の外貨準備高は4,600億ドルあると公表しているのになぜ3月4月に100億ドル規模で連続して外国から融資を受けているのはなぜだろう?4月は短期で83億1,780万ドル!かなり躍起になってドル調達しています。


本当にあるならば外貨準備内でなんとかなるでしょ。」と言った。


別の人 は「おいおい、新大統領になってまだ半年もたたないし、何ら政策の実行も行っていない先から、経済沈没の雨あられの記事。


ようやく「真実を伝えざるをえない」というマスコミ姿勢になったのかね。


沈没を知って逃げた前大統領は結局経済を混乱させたことであれこれ穿り返されて裁判にかけられるんだろうな。」と言った。


別の人 は「まあ普通の日本国民なら韓国に見切りをつけるんじゃないのかね、岸田首相や林外相さんよ。」と言った。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ