Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

井上尚弥にカシメロ(フィリピン)が挑発「お前は日本の亀だ!」…尚弥に空き巣被害p

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。元WBOバンタム級王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)はドネアを慰め、井上に祝福の言葉を送った一方、自身のYouTubeでは「お前はモンスターではない」と挑発している。



12ラウンドを戦った2年7か月前とは異なり、264秒で宿敵・ドネアを倒した井上。圧倒的な力の差を見せつけた試合となったが、両者を過去にかき乱した“問題児”がコメントを残している。


カシメロの言葉を紹介したのはフィリピンメディア「スピン」。記事によると、カシメロは自身のフェイスブックページで、同胞のドネアに対して慰めの言葉を送った一方、これまで散々挑発してきた井上に祝福の言葉をタガログ語で述べているとのことだ。


しかし、自身のYouTubeチャンネルで試合後に投稿した動画では相変わらずの行動に出た。WBOのベルトを持ちながら「ナオヤ・イノウエ、お前はモンスターではない! もう一度言う。お前は日本の亀だ!」と挑発する様子が収められており、真意は定かではない。


カシメロは2020年の4月に井上尚弥との3団体統一戦が内定していた。しかし、新型コロナウイルスの影響で試合が中止になった経緯がある。その後、自身のSNSで井上を散々挑発するなど、物議を醸した。


盛んに井上を挑発をしていたのは、ビッグマネーを稼ぎたかったからだろう。計量失格やベルト剥奪など重なり自らの失態でチャンスを逃した。ベルトを持っていたからこそ井上のターゲットになっていただけに無冠のカシメロには興味を持たないはずだ。


ドネアとも2021年に拳を交える予定だったが、カシメロがドーピング検査拒否を示唆したことを引き金に、ドネアが試合をキャンセル。4月にはポール・バトラー(英国)との5度目の防衛戦を規律違反により試合は中止となり、正規王座を剥奪されていた。


一方、尚弥に空き巣被害…


井上尚弥が、空き巣被害に遭っていたことが8日、分かった。事件が起きた7日、日本人で初めてボクシングの世界3団体王座統一を果たした王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)出場のために、神奈川県内の自宅は留守にしていた。井上は8日に横浜市内のジムで喜びの会見を開いたが、自身のSNSでは「めでたい日に胸くそ悪い話」と怒りをあらわにした。


井上が空き巣により神奈川県内の自宅からブランド品のかばんや貴金属など十数点を盗まれていたことが分かった。


県警によると事件が起きたのは王座統一戦開始前の7日午後4時半ごろ。警備会社から「(井上宅の)アラームが発報している」と110番通報。警察官が駆けつけると井上らが留守だった自宅玄関のドアにバールでこじ開けられたような跡があったという。近隣住民が白い車で立ち去る男2人を目撃。県警は事情を知っているとみて付近の防犯カメラの映像を精査している。


井上はマネジャーに被害を報告。一夜明け会見では何もなかったかのように冷静に取材対応したが、自身のツイッターには「ニュース見たけどさ めでたい日に胸くそ悪い話だよね、みんなも気をつけて!!」と記した。


井上が過去に対戦した相手も、試合中に空き巣に遭っていた。18年に東京で井上に初回TKO負けを喫しWBAバンタム級王座を失ったマクドネル(英国)は、タイトルマッチ中に地元ドンカスターの自宅が数人の男に侵入され金品を奪われた。他のスポーツではサッカー選手が目立ち、元日本代表のDF内田篤人氏はシャルケ時代の15年に空き巣で「(総額)100万円ちょっと」の被害をテレビ番組で告白。最近では1月にRマドリードのFWベンゼマ、3月にマンチェスターUのMFポグバが試合中に空き巣に襲われた。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ