Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

近隣諸国への軍事的圧力を強める中国!豪哨戒機に中国軍機から危険な迎撃受けるu

 オーストラリア国防省は5日、同国空軍の哨戒機が5月に南シナ海上空を飛行中、中国軍戦闘機から危険な迎撃行為を受けたと明らかにした。



オーストラリア空軍哨戒機P-8が5月26日、南シナ海の国際飛行空域を定期哨戒中、中国軍の多用途戦闘機J-16(殲16)がP-8と乗員の安全を脅かす危険な行動に及んだという。


マールズ国防相は、中国軍機がP-8に非常に接近してアルミの小片を含むレーダー妨害の「チャフ」を散布し、それがP-8のエンジン内に取り込まれたと説明した。


マールス氏は記者団に「非常に危険な行為であるのは明らかだ」と話した。


アルバニージー首相は、政府として中国側に「適切なチャンネル」を通じて懸念を表明したと述べた。


中国外務省と在オーストラリア 中国大使館は、コメント要請に返答がなかった。


最近度々このような挑発行為が中国機によって行われています。戦狼外交の国内向けの強気の発言に影響され搭乗員が他国に対して挑発的行為を取っている。限定された局地戦を「相手に最初の一発を撃たせる」ことによって始め、実戦での経験とデータを取りたい。


日本は今、世界の中で中国、ロシア、北朝鮮という3つの最も深刻な軍事脅威を受けている唯一の国だ。厳しい安全保障環境を考えれば、防衛力の抜本的な強化が望まれるだろう。


その前に、中国軍の爆撃機部隊は大規模な夜間攻撃訓練を実施。


中国は、爆撃機部隊による大規模な夜間攻撃訓練の映像を公開しました。


中国国営メディアは1日、人民解放軍で台湾方面を管轄する東部戦区の数十機の爆撃機が長距離を夜間飛行し、ミサイル攻撃の訓練を実施したと報じました。


訓練は午前0時すぎから夜明けまで約6時間にわたって行われたということです。


先月30日には今年2番目の多さとなる中国軍機30機が台湾の防空識別圏に進入するなど、中国は台湾への軍事的圧力を強めています。


また、アメリカが台湾との新たな貿易協議の枠組みを発表したことに対し、中国外務省は2日、「台湾海峡の平和と安定を混乱させる」と強く反発しました。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ